不動産登記費用の相場について教えて


不動産登記費用の相場について教えてください

さいたま市内の土地を購入しマイホームを新築中の田中と申します。

   不動産登記費用について教えてください。

   100㎡ほどの土地を現金で購入する際は、

   仲介業者が紹介してくれた司法書士に依頼しました。

   その時は、慌ただしく不動産登記の費用について調べる余裕がなく何もわからないまま

   25万円支払いました。

   不動産登記費用には明細がありませんでした。

   なぜ25万円もするの?そんな疑問を持ちました。


   先日、ハウスメーカーの担当者から、建物が完成したら登記を行いますので、

   不動産の登記費用として30万円を用意してくださいと話がありました。

   土地購入の時のようにならないように明細のある見積書を入手しました。


   ハウスメーカーの指定の司法書士や土地家屋調査士は高いと聞きます。

   いいなりになると損をすると思い、

   不動産の登記費用が相場と比べて適当なのかと知りたいです。

   この不動産登記の見積もりは高いのでしょうか、それとも安いのでしょうか。

   相場を教えてください。

   木造の2階建ての100㎡くらいの建物です。

   住宅ローンの借入額は2,500万円です。

   お手数ですがよろしくお願いします。

   

   

田中さんが依頼した
ハウスメーカー指定の土地家屋調査士と司法書士の見積書

登記の種類

報酬

登録免許税など実費

建物表題登記
90,000円
0円
地目変更登記
50,000円
0円
保存登記
20,000円
11,900円
住所変更登記
30,000円
1,000円
抵当権設定登記
40,000円
25,000円
減税証明
15,000円
1,300円
登記事項証明書
4,000円
5,600円
立会料
25,000円
交通費
10,000円
合計
294,000円
44,800円
不動産登記費用

ハウスメーカー指定の司法書士や土地家屋調査士、

  • 不動産仲介業者が紹介した司法書士や土地家屋調査士、
  • これらの不動産登記の費用はかなり安くなく高いのが一般的です。
  • 高い理由として、合い見積もりを取らないため、安くする必要がないのです。

  • また、違法ですがハウスメーカーの担当者や不動産仲介業者に紹介料を支払うケースも多く、
  • 不動産登記費用は割高になります。

  • 田中さんが土地を購入した際のように不動産登記費用の明細を出さないケースも少なくありません。
  • 不動産登記費用の明細がわかると、不動産登記費用の相場より高いことがわかってしまいます。
  • 比較できないように、総額しか教えないのです。

  • 不動産登記費用ですが、大きく以下の2つから決まります。
  • ・不動産登記の専門家である司法書士や土地家屋調査士の報酬
  • ・登録免許税という税金や法務局に手数料などの実費

  • ここでは、不動産登記の専門家である司法書士や土地家屋調査士の報酬についての説明をします。
  • 登記費用について業界の裏情報について知らない方は、下記のページをご覧ください。
  • 相場を知るだけでは、損をしますし、対等に値引き交渉ができません。
  • 登記費用とは

  • 不動産登記の専門家である土地家屋調査士や司法書士、
  • これらの専門家を束ねる団体がそれぞれあります。
  • ・土地家屋調査士は、『日本土地家屋調査士会連合会』
  • ・司法書士は、『日本司法書士会連合会連合会』
  • です。
  • これらの団体が不動産登記の報酬に関するデータをまとめ公表しています。

  • それらのデータから、不動産登記費用についてまとめましたので、ご覧ください。


不動産登記における土地家屋調査士・司法書士の報酬の
全国平均金額 


登記の種類

 

全国の平均金額

建物表題登記

83,647円
建物滅失登記

44,577円
土地地目変更登記

44,507円
土地合筆登記

47,327円
土地分筆登記(地積測量図あり)

237,967円
土地分筆登記(地積測量図なし)

470,306円
土地分筆・地積更正登記

736,140円
所有権移転登記(贈与)

39,832円
所有権移転登記(売買)

44,515円
所有権移転登記(相続)

58,582円
所有権保存登記

23,071円
抵当権設定登記

35,188円
抵当権抹消登記

14,458円
所有権移転登記名義人住所変更登記

11,347円
減税証明

10,000円
登記事項証明書 一通

1,000円
 
  • ※分筆登記は境界確定測量費用を含む
  • 日本土地家屋調査士会連合会が平成25年に調査した結果に基づく全国平均
  • 司法書士の報酬は、日本司法書士会連合会が平成25年に調査した結果に基づき、
  •  地域毎の平均値を人口数で按分した金額に基づいたものです。
  • 記載がなかったものに関しては、日本登記研究会の得た情報に基づきます。
  • ※2017年4月27日調査
  • ※報酬は、条件によっても地区によっても報酬は大きく変わります。
  • これらの金額の算定の条件等は、日本司法書士会連合会、日本土地家屋調査士会連合会の
  • ホームページをご覧ください。
  • 田中さんのケースで、不動産登記費用の相場と比較し、不動産登記費用を検証してみましょう。

田中さんが依頼した
ハウスメーカー指定事務所の見積書と相場との比較 

登記の種類

ハウスメーカー 指定事務所

相場

建物表題登記
90,000円
83,647円
地目変更登記
50,000円
44,507円
保存登記
20,000円
23,071円
住所変更登記
30,000円
11,347円
抵当権設定登記
40,000円
35,188円
減税証明
15,000円
10,000円
登記事項証明書
4,000円
2,000円
立会料
25,000円
通常なし
交通費
10,000円
通常なし
合計
294,000円
209,760円
  • 不動産登記費用 相場 比較
  • 田中さんのケースでは、不動産登記費用の報酬だけで84,240円も相場より高いことがわかります。
  • 土地売買の際は司法書士が立会い、立会の報酬を請求することもありますが、
  • 注文住宅の登記では立会料を請求する司法書士は希であり、通常は立会料は請求しません。
  • 交通費も報酬の中に含めて、請求しないケースが多くなりました。

  • その他に、
  • 田中さんのケースでは不動産登記費用の登録免許税などの実費をごまかしている可能性が高いです。
  • 登記事項証明書の5,600円はごまかしているでしょう。
  • 登記情報サービスを利用し、
  • 公図が365円、土地と建物の登記記録確認用に2通で670円(335円×2通)、
  • 金融機関提出用2通で1,000円(500円×2通)、
  • 合計で2,035円です。
  • 5,600円は高いですね。

  • 登録免許税をわざと余分に請求する司法書士が存在します。
  • 登録免許税は、一般の方にはわかりにくいため、ごまかしやすいのです。

  • ハウスメーカーや仲介業者などの紹介や指定などの、
  • 土地家屋調査士や司法書士の不動産登記費用は、
  • 相場と比較しても高額になるケースばかりです。

  • 専門家である土地家屋調査士や司法書士に依頼する場合は、
  • 不動産登記費用をごまかされないように、
  • 不動産登記費用を安くできるように、
  • 相場と比較し、
  • 必ず合い見積もりを取ることをオススメします。
  • ※専門家の少ない地方では、専門家同士で談合し、不動産登記費用を高くしているケースがあります。

都道府県別 登記費用の相場

 都道府県別に登記費用の相場情報

→ 北海道の登記費用
→ 東京の登記費用
→ 神奈川の登記費用
→ 埼玉の登記費用
→ 千葉の登記費用
→ 愛知(名古屋)の登記費用
→ 大阪の登記費用
→ 兵庫の登記費用
→ 福岡の登記費用

順次作成していきます。

書籍『自分で登記をする会』を企画・監修した河戸氏の
事務所の不動産登記費用

     →   登記費用 .com

  • ※不動産登記の費用は相場より安いと思われます。
  •     
  • 自分で不動産登記を行えば、報酬の部分は『0円』となります。

自分で登記をする会

自分で登記をすることについてよくある質問集


Q 登記は自分で行うのが原則

Q 自分で登記をして、もし出来なかったら

Q 登記費用について教えてください

Q 不動産登記費用の相場をおしえてください。

Q 登記をするにに何か道具は必要ですか?

Q 専門家がやる場合と自分でやる場合、登記の結果は違うの?

Q 土地の分筆登記の手順と準備について教えてください。

Q 土地の分筆登記を自分でしようと考えています。分筆は素人には無理でしょうか?

Q 土地の合筆登記を、自分ですることは可能ですか?

Q 土地地目変更登記を自分でやろうと思っていますが可能でしょうか?

Q 不動産登記を自分ですることは可能ですか?

Q 新築登記を自分で、と思っていますができるでしょうか?

Q 自分で登記をするににどのぐらい時間が必要ですか?

Q 土地の地積更正登記は自分で行うことは可能ですか?

Q 新築の分譲マンションを購入します。登記を自分でやろうと思っていますができるでしょうか?

Q 建物の登記の懈怠と過料について

Q 土地購入時に登記を依頼した場合でも、建物完成時に自分で登記ができるのでしょうか?

Q 建築士、設計士、住宅メーカー、ハウスメーカーに図面を作成してもらうのは違法?!

Q ハウスメーカー・住宅メーカーが自分で登記を拒否した場合どうすればよいのでしょうか?

Q 土地を購入、自分で売買による所有権移転登記を行うことはできるでしょうか?



自分で登記をする会 無料メルマガ
メールアドレス

 

PageTop

損を
固定資産税を節約しよう!
どのくらい登記は難しいの?
メルマガ ベスト
登記見積
自分で登記をする会 出版

登記MENU

自分で登記.com

□商品一覧

・登記の教科書

・講習会

□よくある質問

□お客様の感想

□運営者情報

□特定商取引法

□登記あいうえお

・基礎知識

・用語集

・都市伝説

□資料

□不動産あいうえお

・不動産の基礎知識

□メルマガ

□社会貢献

□サイトマップ


商品販売エリア 日本国内

北海道(札幌,函館,旭川),青森(弘前),秋田県(秋田市),岩手(盛岡),山形,宮城(仙台),福島,新潟,群馬(前橋),栃木(宇都宮),茨城(水戸),千葉県(千葉),埼玉(さいたま市),東京都, 神奈川(横浜) 静岡,山梨(甲府),長野(松本),富山, 石川(金沢),福井, 滋賀(大津), 岐阜(岐阜市),愛知(名古屋,岡崎,豊田市,豊橋,犬山),三重(津),奈良(大和郡山),和歌山,大阪府(大阪),京都府,兵庫(神戸),岡山,鳥取,島根(松江),広島(広島市),山口,香川(高松),徳島,愛媛(松山),高知,福岡(博多,北九州),佐賀,長崎県(佐世保),大分,宮崎,熊本,鹿児島,沖縄(那覇)