どのくらい登記は難しいの? 登記の難易度を知る


どのくらい登記は難しいの?

 

登記は、どのくらい難しいのでしょうか?!

 

登記を自分で行い、節約したいけど、

もし、

難しくて、

できないと、

困りまると、思われていませんか?

 

 

でも、簡単だったら、

20万円、

40万円、

と節約できるから、

やるべきですよね。

 

 

このページでは、

建物登記

家屋登記

相続登記

新築登記

住宅登記

不動産登記

など、

 

登記が、

どのくらい難しいのか、

どのくらい簡単なのか、

を説明します。

 

 

話は変わりますが、

あなたは、市役所とか町役場で、

『住民票の写し』を自分でとることができますか?

 

もちろん、私は自分で『住民票の写し』をとります。

とても、簡単ですよね!

 

 

しかし、専門家に依頼して、「住民票の写し」を取る方がいます。

ちなみに、手数料は、3000円くらいするようです。

 

『住民票の写し』を取ったことがない人にとって、

『住民票の写し』を取ることは難しいのでしょうね。

 

 

 

実は、

『登記』は、

『住民票の写し』と同じ手順なのです。

ご存じでしたか?

 

 

登記は、申請書に必要事項を書きます。

書いた申請書を役所に提出します。

提出された申請書を役所がチェックします。

申請書に問題がなければ、完了証と言う書類を受け取ります。

これだけです!!

※登記の場合、役所は登記所です。

 

 

登記は、『住民票の写し』を取るのと似ていませんか?

 

 

『住民票の写し』を取ったことのない人にとっては、

『住民票の写し』を取ることは、難しいと感じるかも知れません。

しかし、

『住民票の写し』を取ることは、

誰だって知っていればできるはずです。

 

 

登記も同じです。

自分で登記をしたことがなければ、

難しいと感じるかも知れませんが、

実際にやってみれば、

きっと簡単と感じるはずです。

 

 

でも、

登記は、簡単なのか

登記は、難しいのか

いくら文章で説明してもわかりにくいです。

 

 

そこで、

登記をするのに実際に作成する書類と図面を掲載した小冊子を作りました。

この小冊子を見ていただき、

登記って難しい、

登記って簡単、

と、

見ていただいた上で、

あなた自身で判断してください。

 

この小冊子は、5,000人を超える人に読んでいただき、

登記が難しいか簡単であるかを実感し判断していただいています。

 

 

この小冊子は無料ですから、

あなたは、2分くらいの読む時間以外は、何も損をすることはありません。

プレゼントしますので是非ご一読ください。

 

 

登記をする機会は、マイホームを購入される方で、生涯で3回~5回くらいはあります。

登記は1度だけではありません。

 

・自分の家を購入する際、(建物表題登記、所有権保存登記)

・土地を購入する際、(所有権移転登記)

・建物を取り壊し解体した際、(建物滅失登記)

・増築した際、(建物表題変更登記)

・住宅ローンの借り換えの際、(抵当権設定登記)

・住宅ローンを完済した際、(抵当権の抹消登記)

・相続の際、(所有権移転登記)

 

 

住宅に関する登記を全て自分で行うと、40万円以上は節約が可能です。

多い人ですと100万円以上になります。

 

 

さらに、子供のために親が代理人となって登記をすることができます。

 

 

ビジネスにおいても、株式会社の設立や役員変更、住所変更など、

細々と変更すると、いくらになるのかわかりません。

 

 

登記には多くの種類がありますが、

どの登記も基本は同じなので、

一度憶えてしまうと、他の登記はとても簡単です。

 

住民票の写しを取るような簡単なことをして、

40万円節約できるといいですよね!

 

 

登記がわかれば、更にいいことがあります。

それは、ないしょです。

登記をした人だけがわかることです。

 

 

そんな登記が、難しいか簡単かを自分の目で確認して下さい。

 

無料小冊子の申込方法

 

無料小冊子の申込方法は、下記の申込フォームに、

名前(ニックネームOK)、メールアドレスを入力し、『送信』ボタンをクリックするだけです。

 

無料冊子 申込フォーム
お名前(ニックネームok)
 例:鈴木 , 佐藤 , よっち
メールアドレス

 

送信後に、直ちに返信メールを、入力していただいたメールアドレスに送信します。

返信メールに小冊子(PDFデータ)の入手先が書かれています。

すぐに小冊子を入手してください。

小冊子やメルマガの購読は全て無料です。

 

※もし、メールが届かない場合は、迷惑メールになっているか、入力していただいたメールアドレスが正しくなかった

  可能性があります。その際は、お手数ですが再度入力していただき送信お願いします。

 

なお、入力していただいたメールアドレスに、

「登記のやり方」と「不動産に関する裏情報」や「固定資産税の節税」などわかりやすく解説した無料のメルマガを、

お送りします。

メルマガは、不要であればクリックするだけで簡単に解除できますのでご安心ください。

 

日本登記研究会  自分で登記をする会

 

無料冊子 申込フォーム
お名前(ニックネームok)
 例:鈴木 , 佐藤 , よっち
メールアドレス

自分で登記をする会 無料メルマガ
メールアドレス

 

 

PageTop

固定資産税を節約しよう!
固定資産税を節約しよう!
どのくらい登記は難しいの?
メルマガ ベスト
登記見積
自分で登記をする会 出版

登記MENU

自分で登記.com

□商品一覧

・登記の教科書

・講習会

□よくある質問

□お客様の感想

□運営者情報

□特定商取引法

□登記あいうえお

・基礎知識

・用語集

・都市伝説

□資料

□不動産あいうえお

・不動産の基礎知識

□メルマガ

□社会貢献

□サイトマップ


商品販売エリア 日本国内

北海道(札幌,函館,旭川),青森(弘前),秋田県(秋田市),岩手(盛岡),山形,宮城(仙台),福島,新潟,群馬(前橋),栃木(宇都宮),茨城(水戸),千葉県(千葉),埼玉(さいたま市),東京都, 神奈川(横浜) 静岡,山梨(甲府),長野(松本),富山, 石川(金沢),福井, 滋賀(大津), 岐阜(岐阜市),愛知(名古屋,岡崎,豊田市,豊橋,犬山),三重(津),奈良(大和郡山),和歌山,大阪府(大阪),京都府,兵庫(神戸),岡山,鳥取,島根(松江),広島(広島市),山口,香川(高松),徳島,愛媛(松山),高知,福岡(博多,北九州),佐賀,長崎県(佐世保),大分,宮崎,熊本,鹿児島,沖縄(那覇)