設計士・建築士・住宅メーカー・ハウスメーカー 図面を作成してもらうと違法?!


建築士、設計士、住宅メーカー、ハウスメーカーに図面を作成してもらうのは違法?!

建物表題登記で必要な各階平面図・建物図面を

  • 建築士や設計士に頼んで作成しようと思います。

    作成者のハンコは、押してもらうべきでしょうか。

    登記する際に提出する建築図面を建築家さんに作成してもらおうと思うのですが、

    無料なら問題はないでしょうか?

       

    住宅メーカー・ハウスメーカーに建物の図面だけをサービスで作成してくれると

    言ってますが、違法にはなりませんか?

     

    設計士ですが、建物図面・各階平面図を無料で作成して施主さんに渡しても

    大丈夫ですか?

    • 結論から申し上げると、違法となり逮捕、懲役か罰金となりますので、
        自分で図面を作成された方がよいでしょう。


    • このような相談は、多くなりましたね。
    • 自分で登記をされる人が増えているので、うれしいですが、
    • 結論から申し上げると、違法となり逮捕、懲役か罰金となりますので、
    • 自分で図面を作成された方がよいでしょう。

    • 登記で図面が必要となるのは、建物表題登記、建物表題変更登記、土地分筆登記、
    • 地積更正登記などの登記があります。
    • これらの登記を業として図面作成できるのは、基本的には土地家屋調査士だけです。
    • 土地家屋調査士法第68条に記載があり、違反すると、一年以下の懲役又は百万円以下の罰金となります。

    • 過去に、土地家屋調査士法違反で、逮捕された設計士が把握しているだけで何人かいます。
    •     ※逮捕の動画があります →  土地家屋調査士、司法書士の資格なしで登記をしたら逮捕
    • 逮捕され、懲役は嫌ですよね。前科がなければ執行猶予はつくと思いますが・・・・。

    • 業ではなく、無料であれば、良いのではと思われる人がいるかも知れませんが、
    • 例えば、建築士や設計士であれば、設計料などでお金をもらっているはずです。
    • その設計料に図面作成代が含まれていると解釈されると、無料ではなくなります。
    • 住宅メーカー・ハウスメーカーも同様に、施工代などでお金をもらっており、
    • 無料と主張しても難しいでしょう。

    • また、設計士・建築士の作成する建物の図面(各階平面図・建物図面)は、建築基準法に基づくものです。
    • 登記で必要な建物の図面は不動産登記法に基づき作成されます。
    • ルールが異なるため、設計士・建築士が作成した建物の図面では間違っているため、
    • 修正が必要なケースや登記が完了しても、ミスがあり固定資産税などを損するケースがあります。
    • 自分で登記を行う人が増え、人口が減り、登記の専門家への依頼はますます減るでしょう。
    • そうなると、違法行為に対する告発も増えます。

    • 各階平面図や建物図面、地積測量図などの図面を作成するのは面倒ですが、
    • 自分で理解し自分で作成することをオススメします。

     

    自分で登記をする会

    自分で登記をすることについてよくある質問集


    Q 登記は自分で行うのが原則

    Q 自分で登記をして、もし出来なかったら

    Q 登記費用について教えてください

    Q 不動産登記費用の相場をおしえてください。

    Q 登記をするのに何か道具は必要ですか?

    Q 専門家がやる場合と自分でやる場合、登記の結果は違うの?

    Q 土地の分筆登記の手順と準備について教えてください。

    Q 土地の分筆登記を自分でしようと考えています。分筆は素人には無理でしょうか?

    Q 土地の合筆登記を、自分ですることは可能ですか?

    Q 土地地目変更登記を自分でやろうと思っていますが可能でしょうか?

    Q 不動産登記を自分ですることは可能ですか?

    Q 新築登記を自分で、と思っていますができるでしょうか?

    Q 自分で登記をするのにどのぐらい時間が必要ですか?

    Q 土地の地積更正登記は自分で行うことは可能ですか?

    Q 新築の分譲マンションを購入します。登記を自分でやろうと思っていますができるでしょうか?

    Q 建物の登記の懈怠と過料について

    Q 土地購入時に登記を依頼した場合でも、建物完成時に自分で登記ができるのでしょうか?

    Q 建築士、設計士、住宅メーカー、ハウスメーカーに図面を作成してもらうのは違法?!

    Q ハウスメーカー・住宅メーカーが自分で登記を拒否した場合どうすればよいのでしょうか?

    Q 土地を購入、自分で売買による所有権移転登記を行うことはできるでしょうか?

    Q 住宅ローンを使う場合、自分で所有権保存登記はできますか?



    自分で登記をする会 無料メルマガ
    メールアドレス

     

    PageTop

    損を
    固定資産税を節約しよう!
    どのくらい登記は難しいの?
    メルマガ ベスト
    登記見積
    自分で登記をする会 出版

    登記MENU

    自分で登記.com

    □商品一覧

    ・登記の教科書

    ・講習会

    □よくある質問

    □お客様の感想

    □運営者情報

    □特定商取引法

    □登記あいうえお

    ・基礎知識

    ・用語集

    ・都市伝説

    □資料

    □不動産あいうえお

    ・不動産の基礎知識

    □メルマガ

    □社会貢献

    □サイトマップ


    商品販売エリア 日本国内

    北海道(札幌,函館,旭川),青森(弘前),秋田県(秋田市),岩手(盛岡),山形,宮城(仙台),福島,新潟,群馬(前橋),栃木(宇都宮),茨城(水戸),千葉県(千葉),埼玉(さいたま市),東京都, 神奈川(横浜) 静岡,山梨(甲府),長野(松本),富山, 石川(金沢),福井, 滋賀(大津), 岐阜(岐阜市),愛知(名古屋,岡崎,豊田市,豊橋,犬山),三重(津),奈良(大和郡山),和歌山,大阪府(大阪),京都府,兵庫(神戸),岡山,鳥取,島根(松江),広島(広島市),山口,香川(高松),徳島,愛媛(松山),高知,福岡(博多,北九州),佐賀,長崎県(佐世保),大分,宮崎,熊本,鹿児島,沖縄(那覇)