土地の分筆登記の手順と準備について教えてください。


 


自分で土地の分筆登記を行う手順や準備について

Q.  現在、新築をかんがえておりますが、実家の土地を分けてもらい立てることを考えております。

       この場合、すでに母屋があるため分筆が必要と言われましたがどのような手順、

       準備が必要なのでしょうか?


自分で土地の分筆登記を行うことを検討されている方は意外と多いです。

  • 土地の分筆登記を自分で行う場合、土地の測量が必要となります。
  • この測量には高額な機械を用いるため、自分で行うことは難しいです。
  • しかし、測量を専門家に任せて、登記は自分で行うことは可能です。

  • それでは、土地の分筆登記の手順を説明します。

  • 1:土地の境界確定測量を行います。
  • 土地の境界の位置がはっきりしていないと分筆登記はできません。
  • そのため、境界確定測量を行います。
  • 境界確定測量は、様々な資料から現況から境界の位置を計算し位置を推定します。
  • 推定した位置について、その土地に隣接する全ての土地所有者と立ち会いを行います。
  • 推定した位置を確認し、境界の位置に問題なく、土地所有者と合意に至った場合、
  • 土地所有者から署名と押印をもらいます。
  • そして、境界標を設置します。
  • 土地境界確定測量は、土地家屋調査士に依頼するのが一般的ですが、
  • 費用は土地の大きさや形状、立ち会いを行う人数により大きく異なります。
  • 30万円以上必要と考えた方がよいでしょう。

  • 2:地積更正登記を行います。(必要な場合)
  • 境界確定測量により決まった境界から算出した地積と登記記録の地積と比較します。
  • 2つの地積の差が、公差の範囲を超えている場合、地積更正登記という土地の地積の更正する登記が必要に
  • なります。
  • ※公差は、地積と場所に応じて何㎡までは範囲内、それを超えると範囲外という基準です。
  • 地積更正登記では、土地の境界や境界線、境界標を表した地積測量図が必要となります。
  • 申請書を作成し、添付書類と共に登記所に申請します。

  • 3:分筆する位置に境界標を設置します。
  • 分筆する位置を検討し、分筆したい位置に境界標を設置します。

  • 4:土地分筆登記を行います。
  • 分筆登記を行う、 土地の境界や境界線、分筆する境界標を含んだ全ての境界標を表した地積測量図を作成し、
  • 申請書を作成し、添付書類を付けて登記所に申請します。

  • ※1から4の順番になりますが、専門家に依頼する場合は1と3を行った後に2と4を同時に行うのが一般的です。

  • ■土地家屋調査士に依頼する場合
  • 土地境界確定測量が必要な場合、高額な費用が必要になります。
  • 複数の土地家屋調査士事務所から見積もりを取ることをオススメします。
  • 土地の境界確定は、依頼する土地家屋調査士のスキルによりかなりの差がでるケースがあります。
  • 但し、単純に安いという理由で決めることはオススメしません。
  • 見極める1つの判断材料として、GPS測量が可能であるかという点です。
  • GPS測量を行うことが可能な土地家屋調査士は希であり、可能な土地家屋調査士のスキルは高いと判断できます。
  • ただし費用が高くなる可能性はあります。
  •  
  • ■自分で分筆登記を行う場合
  • 自分で行う場合、測量は高価な精密機械が必要となり、測量を自分で行うのは難しいです。
  • 測量と立ち会いは『土地家屋調査士事務所』若しくは『測量会社』に依頼し確定測量図の作成を依頼します。
  • 登記は自分で行うことが可能です。
  • 確定測量図を元に地積測量図を作成します。
  • ※ほぼ同じ図となるためトレースすることで作成可能です。
  • 申請書を作成し、必要な添付書類を付けて登記所に申請し、完了したら受領します。

 

自分で登記をする会

自分で登記をすることについてよくある質問集


Q 登記は自分で行うのが原則

Q 自分で登記をして、もし出来なかったら

Q 登記費用について教えてください

Q 不動産登記費用の相場をおしえてください。

Q 登記をするにに何か道具は必要ですか?

Q 専門家がやる場合と自分でやる場合、登記の結果は違うの?

Q 土地の分筆登記の手順と準備について教えてください。

Q 土地の分筆登記を自分でしようと考えています。分筆は素人には無理でしょうか?

Q 土地の合筆登記を、自分ですることは可能ですか?

Q 土地地目変更登記を自分でやろうと思っていますが可能でしょうか?

Q 不動産登記を自分ですることは可能ですか?

Q 新築登記を自分で、と思っていますができるでしょうか?

Q 自分で登記をするににどのぐらい時間が必要ですか?

Q 土地の地積更正登記は自分で行うことは可能ですか?

Q 新築の分譲マンションを購入します。登記を自分でやろうと思っていますができるでしょうか?

Q 建物の登記の懈怠と過料について

Q 土地購入時に登記を依頼した場合でも、建物完成時に自分で登記ができるのでしょうか?

Q 建築士、設計士、住宅メーカー、ハウスメーカーに図面を作成してもらうのは違法?!

Q ハウスメーカー・住宅メーカーが自分で登記を拒否した場合どうすればよいのでしょうか?

Q 土地を購入、自分で売買による所有権移転登記を行うことはできるでしょうか?



自分で登記をする会 無料メルマガ
メールアドレス

 

PageTop

固定資産税を節約しよう!
固定資産税を節約しよう!
どのくらい登記は難しいの?
メルマガ ベスト
登記見積
自分で登記をする会 出版

登記MENU

自分で登記.com

□商品一覧

・登記の教科書

・講習会

□よくある質問

□お客様の感想

□運営者情報

□特定商取引法

□登記あいうえお

・基礎知識

・用語集

・都市伝説

□資料

□不動産あいうえお

・不動産の基礎知識

□メルマガ

□社会貢献

□サイトマップ


商品販売エリア 日本国内

北海道(札幌,函館,旭川),青森(弘前),秋田県(秋田市),岩手(盛岡),山形,宮城(仙台),福島,新潟,群馬(前橋),栃木(宇都宮),茨城(水戸),千葉県(千葉),埼玉(さいたま市),東京都, 神奈川(横浜) 静岡,山梨(甲府),長野(松本),富山, 石川(金沢),福井, 滋賀(大津), 岐阜(岐阜市),愛知(名古屋,岡崎,豊田市,豊橋,犬山),三重(津),奈良(大和郡山),和歌山,大阪府(大阪),京都府,兵庫(神戸),岡山,鳥取,島根(松江),広島(広島市),山口,香川(高松),徳島,愛媛(松山),高知,福岡(博多,北九州),佐賀,長崎県(佐世保),大分,宮崎,熊本,鹿児島,沖縄(那覇)