登記 過料


不動産の登記の懈怠と過料の制裁

不動産の登記はしないと罰金などがあるのでしょうか?

    マイホームが完成し、2ヶ月が過ぎましたが、未だ建物表題登記をしていません。

   建物表題登記は、完成後一ヶ月以内にしなければならないと書いてあるホームページをよく見ます。

   罰金を取られるのは本当でしょうか。

   


不動産登記法164条では次の登記を一ヶ月以内に行わないと10万円以下の過料(かりょう)に処するとあります。

  • ・建物の新築時に行う『建物表題登記』
  • ・建物を取り壊した際に行う『滅失登記』
  • ・埋め立てなどにより土地が新たに生じた場合に行う『土地表題登記』
  • ・土地の地目が変更した際に行う『地目変更登記』
  • ・土地の地積が変更した際に行う『地積更正登記』
  • など

  • ※過料とは、罰金のような刑罰ではありません。
  • ※所有権移転登記、住所変更登記、所有権保存登記などの権利に関する登記は行わなくても過料にはなりません。

  • ■一ヶ月以内に登記をしないと過料になるの?
  • 不動産の登記をしないと10万円以下の過料になるという法律はありますが、
  • 実際に、登記をしないことで過料になり、お金を取られたケースはないようです。
  • 日本中に、登記がされていない『未登記』の建物は数え切れないくらいありますが、過料にはならないのです。

  • ホームページでよく見かける『一ヶ月以内に登記をしないと過料になりますよ』は、
  • 登記の仕事が欲しい土地家屋調査士の策略ですね。
  • ※但し、今後、過料が行われる可能性は否定はできません。

  • ■実は、わざと登記をしない人がいるのです。
  • 土地は、所有者を明確にするため、登記をするのが一般的ですが、
  • 土地の所有者が、その土地の上に建てた建物はわざと登記をしないケースが多いです。
  • 土地所有者がコンビニのような店舗を、現金にて新築する場合、わざと未登記にするケースがあります。
  • 建物は土地と異なりいつかは壊れ解体されます。
  • 登記をしなくても過料にもならないとしたら、
  • 新築時に登記、
  • 解体時に登記、
  • その都度、登記を行うのがもったいないという考えがあるのでしょう。

  • ■登記を強制的にさせられるケースは
  • 住宅ローンを利用される方は、登記をしないと融資を受けられませんので、強制的に登記を行うことになりますが、
  • 現金で建物を新築すると未登記のままでも、過料になりお金を請求されることはなく、特に問題はありません。

  • ■未登記の建物の固定資産税は?
  • 未登記であっても、通常、固定資産税は、課税されます。
  • 通常と前置きするには理由があります。
  • 登記を行うと自治体(市町村)に新築したことが気付かれますが、登記をしないと気付かれないケースがあります。
  • 自治体が気付いていない建物は固定資産税が課税されていません。
  • 当然、このような建物は登記がされていない未登記建物ですが、過料とはなっていないようです。
  • 自治体が、固定資産の評価を行う際に、過去の航空写真と比較し変化のあった箇所をチェックします。
  • そして、変化があった場所に、行き、評価し課税しています。

  • ■建物の登記をしないことのメリット
  • 相続の際に所有者を変更する登記を行うと、『登録免許税』という税金が必要となります。
  • 未登記の場合、その『登録免許税』がかかりません。
  • 建物の価値によりますが、登録免許税は数万から数十万円必要となりますが、それが不要となります。
  • 大きいですね。

  • ■未登記の建物であるリスクは?
  • 特にありませんが、未登記建物を売却する際は、
  • 買い主次第ですが『建物表題登記』と『所有権保存登記』を行うことになるのが一般的です。
  • 『所有権保存登記』を行う際に、『登録免許税』が必要ですが、新築時と異なり『減税』を受けることができません。
  • 取り壊すまで売却することがなければ、未登記のままでもよいかと思います。

  • ■未登記の建物の所有者はだれ?
  • 登記をしないと誰が所有者であるかはわからないと思われるかも知れませんが、
  • 建物が建っている場所の自治体(市町村)が、誰が所有者であるかを把握し証明してくれます。
  • 未登記の建物を相続した際は、
  • 相続の際に使う書類(遺産分割協議書など)を自治体(市町村)に見せるだけで無料で所有者を変更できます。

  • ■登記がされていないため、第三者に勝手に未登記建物を盗られることは?
  • 未登記の建物を盗ろうとするには『建物表題登記』をしないといけませんが、
  • 『建物表題登記』を行う際に所有者であることを証明しなければなりません。
  • 証明に使われる書類は、自治体(市町村)が管理していますので無理でしょう。

  • 法律では、
  • 新築したら、一ヶ月以内に登記をしないと10万円以下の過料となるとされていますが、
  • 急いで登記を行う必要性は感じません。
  • 登記をしてもよいですし、
  • しなくても損をすることはないでしょう。
  • 但し、将来、過料が実行される時が来るかも知れません。
  • 未登記のままにするかは、自己責任で判断してください。
自分で登記をする会

自分で登記をすることについてよくある質問集


Q 登記は自分で行うのが原則

Q 自分で登記をして、もし出来なかったら

Q 登記費用について教えてください

Q 不動産登記費用の相場をおしえてください。

Q 登記をするにに何か道具は必要ですか?

Q 専門家がやる場合と自分でやる場合、登記の結果は違うの?

Q 土地の分筆登記の手順と準備について教えてください。

Q 土地の分筆登記を自分でしようと考えています。分筆は素人には無理でしょうか?

Q 土地の合筆登記を、自分ですることは可能ですか?

Q 土地地目変更登記を自分でやろうと思っていますが可能でしょうか?

Q 不動産登記を自分ですることは可能ですか?

Q 新築登記を自分で、と思っていますができるでしょうか?

Q 自分で登記をするににどのぐらい時間が必要ですか?

Q 土地の地積更正登記は自分で行うことは可能ですか?

Q 新築の分譲マンションを購入します。登記を自分でやろうと思っていますができるでしょうか?

Q 建物の登記の懈怠と過料について

Q 土地購入時に登記を依頼した場合でも、建物完成時に自分で登記ができるのでしょうか?

Q 建築士、設計士、住宅メーカー、ハウスメーカーに図面を作成してもらうのは違法?!

Q ハウスメーカー・住宅メーカーが自分で登記を拒否した場合どうすればよいのでしょうか?

Q 土地を購入、自分で売買による所有権移転登記を行うことはできるでしょうか?



自分で登記をする会 無料メルマガ
メールアドレス

 

PageTop

固定資産税を節約しよう!
固定資産税を節約しよう!
どのくらい登記は難しいの?
メルマガ ベスト
登記見積
自分で登記をする会 出版

登記MENU

自分で登記.com

□商品一覧

・登記の教科書

・講習会

□よくある質問

□お客様の感想

□運営者情報

□特定商取引法

□登記あいうえお

・基礎知識

・用語集

・都市伝説

□資料

□不動産あいうえお

・不動産の基礎知識

□メルマガ

□社会貢献

□サイトマップ


商品販売エリア 日本国内

北海道(札幌,函館,旭川),青森(弘前),秋田県(秋田市),岩手(盛岡),山形,宮城(仙台),福島,新潟,群馬(前橋),栃木(宇都宮),茨城(水戸),千葉県(千葉),埼玉(さいたま市),東京都, 神奈川(横浜) 静岡,山梨(甲府),長野(松本),富山, 石川(金沢),福井, 滋賀(大津), 岐阜(岐阜市),愛知(名古屋,岡崎,豊田市,豊橋,犬山),三重(津),奈良(大和郡山),和歌山,大阪府(大阪),京都府,兵庫(神戸),岡山,鳥取,島根(松江),広島(広島市),山口,香川(高松),徳島,愛媛(松山),高知,福岡(博多,北九州),佐賀,長崎県(佐世保),大分,宮崎,熊本,鹿児島,沖縄(那覇)