不動産登記 自分で


不動産登記を自分でやろうと思っていますが可能でしょうか?

マイホームを新築する際に必要な不動産の登記を自分で行うと思います。

  • できないという話も聞きますが、不動産登記を自分で行うことは可能でしょうか?

    可能な場合、不動産登記は、どのくらい難しいのでしょうか?


  • 不動産登記を自分で行う人が急激に増えており、
    不動産登記を扱う法務局(登記所)では、相談業務を行っている相談員が不足し、
    不動産登記の専門家である現役の司法書士を雇い入れ、相談業務を行うようになりました。

    • このように不動産登記を自分で行う人は増えています。
    • もちろん、自分で不動産登記を行うことは可能です。

    • 不動産登記とは、不動産に関係する登記のことですが、
    • 一口に言っても、不動産登記には様々な種類があり、目的によって行う不動産登記が異なります。
    • 不動産登記の一覧
    • 目的によって行う不動産登記は異なります。
    • あなたの目的に合った不動産登記を行う必要があります。

    • これらの不動産登記を自分で行うことは可能ですが、
    • 不動産登記を自分で行うことを良く思わない人たちもいます。
    • それは、ハウスメーカーや金融機関です。

    • ハウスメーカーや金融機関が関係する不動産登記は主に2つあります。
    • それは、下記の不動産登記です。
    • ・『建物表題登記』は、住宅ローンなどの融資を受ける場合、
    • 一般的にはハウスメーカーの協力が必要となります。
    • ・『抵当権設定登記』は、一般的には融資を受ける金融機関の協力が必要となります。
    •   ※協力を見込めない場合、協力なしで行うノウハウがあります。

    • 法律上、不動産登記は自分で行うことが原則です。
    • 原則ではありますが、
    • ハウスメーカー、住宅メーカー、工務店、金融機関(銀行・信用金庫)などの担当者が、
    • 不動産登記を自分でさせない理由として、
    • 不動産登記の専門家である司法書士や土地家屋調査士から受け取るバックマージンなどが
    • 影響しているようです。
    • ハウスメーカーや金融機関の社員も給料が安くなっているので、副収入が欲しいのでしょう。

    • このようなケースでは、司法書士や土地家屋調査士はバックマージンを支払うため、
    • 不動産登記の費用は相場より高くなります。
    • 中には不動産登記費用の相場の倍以上を請求する土地家屋調査士や司法書士が存在します。
    • 注意が必要です。

    • 自分で不動産登記を行うことを拒まれないようにするには、
    • ハウスメーカー、住宅メーカーなどと建築請負契約を結ぶ前に、
    • 金融機関と住宅ローンの契約を結ぶ前に、
    • できれば書面にて、不動産登記を自分で行うことに協力することを約束させるのがいいでしょう。

    • 契約を結ぶ前が良い点は、
    • ハウスメーカーは、あなたに依頼してもらえれば、
    • あなたから何千万円、何百万円の利益を得ることができます。
    • 住宅ローンの申込を得た金融機関は、あなたから何百万円、何千万円の利益を得ることができます。
    • 両者は、あなたからお金を得たいのです。
    • しかし、契約を結んでからでは遅いです。
    • 釣った魚には餌を与えません。
    • 契約を結んでから不動産登記を自分で行おうとし、交渉しても快い回答は得られません。
    • 必ず、契約を結ぶ前に不動産登記を自分ですることに協力することを約束させるのがよいでしょう。

    • 不動産登記を、自分で行う場合は、時間的に余裕を持って行ってください。
    • たいていの場合、十分過ぎる時間があります。

    • そして、不動産登記は、まとめて行うのではなく、
    • 行うことが可能な不動産登記があれば、その都度行います。
    • そうすることで、不動産登記に慣れますし、後々の不動産登記を行う際に更に時間的な余裕ができます。
    • 一度にまとめて行おうとすると、ミスがあるとあたふたしてしまいます。

    • 次に、不動産登記はどのくらい難しいかという質問ですが、これは下記のページをご覧下さい。
    • どのくらい登記は難しいの?
    自分で登記をする会

    自分で登記をすることについてよくある質問集


    Q 登記は自分で行うのが原則

    Q 自分で登記をして、もし出来なかったら

    Q 登記費用について教えてください

    Q 不動産登記費用の相場をおしえてください。

    Q 登記をするのに何か道具は必要ですか?

    Q 専門家がやる場合と自分でやる場合、登記の結果は違うの?

    Q 土地の分筆登記の手順と準備について教えてください。

    Q 土地の分筆登記を自分でしようと考えています。分筆は素人には無理でしょうか?

    Q 土地の合筆登記を、自分ですることは可能ですか?

    Q 土地地目変更登記を自分でやろうと思っていますが可能でしょうか?

    Q 不動産登記を自分ですることは可能ですか?

    Q 新築登記を自分で、と思っていますができるでしょうか?

    Q 自分で登記をするのにどのぐらい時間が必要ですか?

    Q 土地の地積更正登記は自分で行うことは可能ですか?

    Q 新築の分譲マンションを購入します。登記を自分でやろうと思っていますができるでしょうか?

    Q 建物の登記の懈怠と過料について

    Q 土地購入時に登記を依頼した場合でも、建物完成時に自分で登記ができるのでしょうか?

    Q 建築士、設計士、住宅メーカー、ハウスメーカーに図面を作成してもらうのは違法?!

    Q ハウスメーカー・住宅メーカーが自分で登記を拒否した場合どうすればよいのでしょうか?

    Q 土地を購入、自分で売買による所有権移転登記を行うことはできるでしょうか?

    Q 住宅ローンを使う場合、自分で所有権保存登記はできますか?



    自分で登記をする会 無料メルマガ
    メールアドレス

     

    PageTop

    損を
    固定資産税を節約しよう!
    どのくらい登記は難しいの?
    メルマガ ベスト
    登記見積
    自分で登記をする会 出版

    登記MENU

    自分で登記.com

    □商品一覧

    ・登記の教科書

    ・講習会

    □よくある質問

    □お客様の感想

    □運営者情報

    □特定商取引法

    □登記あいうえお

    ・基礎知識

    ・用語集

    ・都市伝説

    □資料

    □不動産あいうえお

    ・不動産の基礎知識

    □メルマガ

    □社会貢献

    □サイトマップ


    商品販売エリア 日本国内

    北海道(札幌,函館,旭川),青森(弘前),秋田県(秋田市),岩手(盛岡),山形,宮城(仙台),福島,新潟,群馬(前橋),栃木(宇都宮),茨城(水戸),千葉県(千葉),埼玉(さいたま市),東京都, 神奈川(横浜) 静岡,山梨(甲府),長野(松本),富山, 石川(金沢),福井, 滋賀(大津), 岐阜(岐阜市),愛知(名古屋,岡崎,豊田市,豊橋,犬山),三重(津),奈良(大和郡山),和歌山,大阪府(大阪),京都府,兵庫(神戸),岡山,鳥取,島根(松江),広島(広島市),山口,香川(高松),徳島,愛媛(松山),高知,福岡(博多,北九州),佐賀,長崎県(佐世保),大分,宮崎,熊本,鹿児島,沖縄(那覇)