自分で登記.com

自分で登記をするノウハウがギュッ!と凝縮 | あなたに役立つ情報を発信中

合筆登記の費用

合筆登記の費用

合筆登記の費用について説明します。

合筆の登記費用の内訳は次のとおりです。
合筆の登記費用=①土地家屋調査士へ支払う報酬+②登録免許税+③その他諸費用

上記の①、②、③を順番に説明します。

①土地家屋調査士へ支払う報酬

土地家屋調査士へ合筆登記を依頼する場合、報酬額は各専門家によって異なります。

合筆登記の相場として、合筆登記の報酬 全国平均は49,481 円です。

合筆登記費用(土地家屋調査士の報酬)全国の相場

登記の種類

 

最低値

全国の平均金額

最高値

土地合筆登記

4,000円
49,481円
120,000円

日本土地家屋調査士会連合会が令和元年に調査した結果に基づく

※2020年8月4日調査

※報酬は条件や地区により大きく変わります。
これらの金額の算定条件等は、日本土地家屋調査士会連合会のホームページをご覧ください。

②登録免許税

登録免許税とは、不動産の登記を申請する際に国に納める税金です。
合筆登記の登録免許税は、合筆後の筆数×1000円です。
例えば、2筆の土地を1筆の土地に合筆する場合、登録免許税は、1筆×1000円 で1000円になります。

③その他諸費用

『その他諸費用』は、次のA~Cの3つです。


A:登記所、市町村の役所などに支払う費用
B:通信費
C:交通費(旅費)

 

A:登記所(法務局)、市町村の役所、区画整理組合などに支払う費用
B:通信費
・書類や図面などを集めたり、登記の申請や受領のために郵送にて行う場合の送料
・電話料金
C:交通費(旅費)
公共交通機関を利用するための費用や車で移動するためのガソリン代など

合筆登記は自分で行うと費用が節約できる

合筆登記は自分で行うことができます。
合筆登記は自分で行うと、合筆の登記費用のうち、「①土地家屋調査士へ支払う報酬」が節約できます。

自分で合筆登記を楽しみたい方へ

無料メルマガに読者登録
最新情報を確実に受け取れます!
麻美麻美

日本登記研究会は、あなたへ真実を伝えることを使命と考えています。
でも、ホームページに裏情報や実名などの情報を掲載すると日本登記研究会は営業妨害や名誉毀損などで損害賠償請求をされる可能性があるの。ホームページに掲載された情報は誰もが、いつでも読め、公開されているから。

芳樹芳樹

そこで、ホームページに掲載しにくい情報は、日本登記研究会が発行する『メルマガ(メールマガジン)』にて個別に情報を届けています。
このメルマガの読者は3万人を超え、登記に関するメルマガでは日本一です。

香苗香苗

なお、これまでに無料小冊子を受け取った場合は、既に読者登録されいますので、新たに登録する必要はありません。

麻美麻美

無料の『メルマガ(メールマガジン)』を読まれますか?
下記の□の箇所に『あなたのメールアドレス』を入力し登録ボタンをクリックしてください。
これだけで登録完了です。登録完了後10分以内に、あなたへ『メルマガ(メールマガジン)』を送信します。

芳樹芳樹

『メルマガ(メールマガジン)』は不要になったら、簡単に登録を解除できます。
あなたにとって損なことは何もありませんよね。
今すぐ、真実の情報を受け取ってください。

裏情報・最新情報を無料で入手しましょう

メールアドレスを入力

メールアドレスを入力後、登録ボタンをクリック、次に送信ボタンをクリックで登録完了です。
解除される時は、解除ボタンを2回クリックするだけで簡単に解除できます。