土地の売買時に測量は必要?! 測量費用は誰が負担するの?


土地の売買時に測量は必要なの?! 境界紛争の防止


自分で登記をする会です。

 

土地を売買する時の測量についての相談が増えています。

土地を購入されて、新築する方は多いようですね。

 

今回は、売買時の土地の測量についてお話しますね。

 

今回のポイントです。

  1. 土地の測量をする目的は?
  2. 土地の測量は、売買時に必ずするの?
  3. 土地の測量の専門家は誰?

・土地の測量費用はいくらくらいかかるの?

  1. 測量費用は誰が負担するの?
  2. 自分で測量はできるの?

 

 

  1. 土地の測量をする目的は?

この測量のことを『土地境界確定測量』と言います。

 

売買における、土地の測量の目的は、大きく3つあります。

・土地の境界を明確にし、境界紛争を防止
・土地の地積を確定し、売買金額の確定
※地積=土地の面積
・境界線を越えて越境している場合は、覚書を取り交わし、撤去できる場合は撤去

 

境界紛争というものは、本当にやっかいです。

隣人と睨みあうことになりますので、大きなストレスになりますし、
子供の代、孫の代まで波及する恐れもあります。

 

土地の境界はとても大事なのです。

 

 

■土地の測量は、売買時に必ずするの?

土地の境界はとても大事ですが、土地の売買時に測量をするケース、しないケースがあります。

 

なぜでしょうか??

 

実は、これには明確なルールはないのです。

 

市街地では、土地の地価が高く、少し地積が異なるだけでも、

売買金額は大きく変わることがあり土地の地積は重要です。

 

市街地の土地は、地価が高く、土地が小さいので、境界紛争が起こりやすい状況です。

そのため、土地を売買する際は、土地の測量を行い、境界を明確にするケースが多いです。

 

 

市街地に比べ、郊外地では土地の測量をしないで売買するケースが多いです。

理由として、郊外地は、地価は低く、地積が大きいので、測量費用がかなり高額になるからです。

ケースによっては、土地の売買金額よりも測量費用の方が高くなります。

 

また、郊外地は、市街地に比べて地価がかなり低いので、土地の境界については無頓着というか、おおらかで境界紛争も起こりにくいといえます。

このような事情から、郊外地では測量をしないで、土地を売買するケースがあります。

 

 

土地の売買には、『実測売買』と『公簿売買』があります。

測量をするケースでは、測量した結果の地積に基づき売買金額が決まります。
これを『実測売買』と言います。

測量をしないケースでは、登記記録の地積に基づき売買金額が決まります。
これを『公簿売買』と言います。

登記記録の地積は、必ずしも正確ではありません。
実際に測量したら、地積は増えたり減ったりします。

 

『実測売買』、
『公簿売買』、
どちらにするかは、土地が市街地なのか、郊外地なのかにもよりますが、
売主も
買主も
両者が納得する必要があります。

 

■土地の測量費用はいくらくらいかかるの?

土地の測量の費用は、土地の形状や大きさによって大きく異なります。

そのため、一概にこのくらいとは言えませんが、
一般的な100㎡の四角の住宅用地では、30万円前後が相場のようです。

土地の形が複雑で大きな土地になると測量費用が、100万円を超えるケースもあります。

測量費用は、依頼する専門家によって大きく異なります。

合見積りを取られるといいでしょう。

 

■測量費用は誰が負担するの?

土地を売買する際の、測量費用は一般的には、売主が負担します。
そのため、売主は、できれば測量費用を払いたくありません。

しかし、買主は、境界紛争防止のためにも測量をして欲しいでしょう。

 

売主、買主の両者にとっての利益は、相反します。

 

測量をするか、しないかは、まずは売主が決めます。
そして、買主が納得するかしないかで最終的には決まります。

 

測量をするかしないかは、仲介業者が決めるものではありませんが、一般の方は、このことを知らないので、仲介業者の意向で決まることが多いようですね。

 

人気のある土地であれば、売主は測量をしないで『公簿売買』で売りに出しても、買い手はつくでしょうし、逆に人気がなければ、測量しても売れません。

市場が測量をするかどうかを決めるとも言えますね。

 

 

 

ただ、市街地の土地を購入する場合は、境界紛争にならないように測量をして土地の境界を明確にした状態で購入するのがいいと思います。

人気のある土地で測量をしないケースで、売主に測量をお願いしてもダメな場合、買主で測量費用を負担しても土地の境界を明確にした方がよいと思います。

 

 

■土地の測量の専門家は誰?

土地の測量の専門家ですが、『土地家屋調査士』と『測量士』が行うことが一般的です。

登記と異なり、測量というのは、特にこの資格が必要であるという法律はないようです。

最近では、『土地家屋調査士』が土地の境界の専門家という位置づけになってきましたね。

司法書士は、測量については専門外です。

 

 

■自分で測量はできるの?

まれに、自分で測量をされ、境界を決めるケースもあります。
ただ、測量の知識が必要なことと、測量の機械は高価なのでハードルがかなり高いですね。

昔は、縄で土地を測量していましたので、決して無理ではないと思います。
目的が、境界紛争防止であれば、境界だけを決めておくだけでも大きな防止になります。

自分で隣接地の所有者と境界の位置を決め境界標を設置します。
そして、境界の位置がわかるように図面作成だけを専門家に依頼すれば3万円くらいでできますね。

 

今回は、いかがでしたか?

ご不明な点はお気軽に質問してください。

また、感想など、お待ちしています。

---------------------------------------------------------------------
登記を物語で説明した登記のマニュアル
書籍「自分で登記をする会」好評発売中です。

登記のことが分りやすく書かれています。

自分で登記をしようと思ったら、まずはこの本から
書籍『自分で登記をする会』

立ち読み用 サンプルはこちらからどうぞ

書籍『自分で登記をする会』のサンプル

---------------------------------------------------------------------

 

---------------------------------------------------------------------
3月の登記講習会のお知らせ

確実に自分で登記をすることができる登記講習会です。
講師の指導のもと、4時間の講習会中に申請に必要な書類や図面を作成します。

登記講習会に参加していただいた方は、
Aさん15万円の節約
Bさん13万円の節約
Cさん14.5万円の節約
Dさん10万円の節約

これらの節約ができました。


登記講習会は、事前準備が必要なため申込の締切は開催日の一ヶ月日前になります。

千葉会場  申込締切日2月17日   開催日3月17日
東京会場  申込締切日2月18日   開催日3月18日
名古屋会場 申込締切日2月24日   開催日2月24日

2012年3月の登記講習会の案内はここから

3月の登記講習会は、東京会場と名古屋会場は開催が確定しました。

東京会場は、JR山手線の浜松町駅周辺で行います。

名古屋会場は、名古屋駅近くで行います。

千葉会場は、5名以上の申込がありましたら開催します。
---------------------------------------------------------------------

 

自分で登記をする会 無料メルマガ
メールアドレス

 

PageTop

固定資産税を節約しよう!
固定資産税を節約しよう!
どのくらい登記は難しいの?
メルマガ ベスト
登記見積
自分で登記をする会 出版

登記MENU

自分で登記.com

□商品一覧

・登記の教科書

・講習会

□よくある質問

□お客様の感想

□運営者情報

□特定商取引法

□登記あいうえお

・基礎知識

・用語集

・都市伝説

□資料

□不動産あいうえお

・不動産の基礎知識

□メルマガ

□社会貢献

□サイトマップ


商品販売エリア 日本国内

北海道(札幌,函館,旭川),青森(弘前),秋田県(秋田市),岩手(盛岡),山形,宮城(仙台),福島,新潟,群馬(前橋),栃木(宇都宮),茨城(水戸),千葉県(千葉),埼玉(さいたま市),東京都, 神奈川(横浜) 静岡,山梨(甲府),長野(松本),富山, 石川(金沢),福井, 滋賀(大津), 岐阜(岐阜市),愛知(名古屋,岡崎,豊田市,豊橋,犬山),三重(津),奈良(大和郡山),和歌山,大阪府(大阪),京都府,兵庫(神戸),岡山,鳥取,島根(松江),広島(広島市),山口,香川(高松),徳島,愛媛(松山),高知,福岡(博多,北九州),佐賀,長崎県(佐世保),大分,宮崎,熊本,鹿児島,沖縄(那覇)