新築時に自分で登記ができる人、できない人 その違いは?


新築時に自分で登記ができる人、できない人 その違いは?


こんにちは!


自分で登記をする会です。


梅雨に入りましたね!

 

梅雨というと、紫陽花、カタツムリをイメージします。

紫陽花があるのですが、花が咲きだしました。

風情があっていいですね。

あなたは、何をイメージしますか?



前回、10名募集させていただいた『相続登記の教科書』のモニターですが、
9名のモニターが決まり、あと残り1名となりました。
ありがとうございました。

 

相続登記は、自分で登記がしやすい登記です。
『登記の教科書』通り進めれば、リスク等は一切ありません。
登記の教科書では、リスクを無くすために、
日々、登記の手続きをしている法務局の登記官や元登記官に、
チェックしていただく仕組みを採用しました。
司法書士よりも、詳しいプロである登記官にチェックしてもらえれば安心ですね。


登記官も人間です。

何も知らない状態で、 教えて、教えて、では嫌がりますが、
ある程度、申請書類ができていれば、 登記官はチェックするだけなので面倒ではありません。
むしろ褒めて、応援してくれるでしょう。


あと1名様申込をお待ちしております。
http://www.jibundetouki.com/monitor/souzokutouki_monitor.html







今回は、2005年から自分で登記をする会への数多くの相談や感想などのメールから、
新築時に自分で登記ができた人、できなかった人を分析してみました。


一緒に、傾向と対策を勉強しましょう。







メールを分析すると、似かよった傾向がありました。


新築時に自分で登記ができた人とできなかった人のメールの一部を、いくつかピックアップしました。





□新築時に自分で登記ができなかった人


「ハウスメーカーに自分で登記をしたいと言ったら嫌がられ、あきらめました」


「銀行に自分で登記をしたいと交渉しましたが、うまくいきませんでした」


「ハウスメーカーにリスクが生じるので自分で登記はダメだと言われました」





□新築時に自分で登記ができた人


「建物表題登記、保存登記、抵当権設定登記、全ての登記を自分でできました」

「抵当権設定登記ですが、銀行がどうしてもやらさせてくれませんでしたが、他の登記は自分できました」










この違いは、なんだと思われますか??

 







メールの全文を紹介すると長くなるため、紹介できませんが、

読んでいて気づいた傾向は、次の通りです。




1:自分で登記をしたいという気合いの有無

自分で登記を絶対にやるという気持ちがある人は、ハウスメーカーや銀行に嫌がられてもへこたれません。
ダメだと言われても、簡単には気持ちが折れず、粘ります。
自分で登記ができたらいいなと軽く考えている人は、ダメと言われたら諦めるのは早いです。




2:登記の知識の有無

登記の知識がある人は、自分で登記を行うことでハウスメーカーにリスクが増えないことを知っています。
自分で行っても、土地家屋調査士や司法書士が行っても、ハウスメーカーのリスクは変わらないのです。
『建物滅失登記』や『地目変更登記』、『住所変更登記』は、ハウスメーカーの承諾を得る必要がない登記ですが、登記の知識がない人は、ハウスメーカーに許可を求めます。




3:自分で登記を行うことが原則であることを、身をもって知って入るかどうか

昔は、登記は自分で行うのが一般的でした。
年配の方は、自分で登記をすることが、普通なのですね
年配の方はそれを知っているので、ハウスメーカーが自分で登記を拒否しても動じません。
若い方は、自分で登記をすることが珍しいことだと思っているため、ハウスメーカーに対して強気ではなく、低姿勢です。完全にハウスメーカーに従っています。


新築時に自分で登記をされる方は、以外と60代、70代の人が多いです。

80歳を超えた方が、定規を使い図面を作成し建物表題登記を完了しましたが、これにはビックリしました。








この中でも、最も大事なことは、『気合い』だと思います。

自分で登記をしたいという熱意が、ハウスメーカーや金融機関の担当者に伝わります。

熱意があると、人は応援したいと思えるのではないでしょうか。







さて、
書籍『自分で登記をする会1』を購入していただいた、 長崎県佐世保市のAZさんからの感想を紹介します。


---- 購入理由 -----
この度、土地を購入し、ハウスメーカーにてマイホームを新築することになりました。登記は自分で出来ると言うことを知人に聞き、出来るなら自分でやってみたいと言う気持ちになり、ネット検索したところ、このサイトを見つけました。本が届いてからは今までに聞いた事もない言葉に何度も読み返すこともありましたが、未知の世界を覗いたような興奮もあり、楽しく読破できました。
----- 感想・ご意見 -----
始め、ハウスメーカーより、登記をさせる事は出来ないと断られましたが、本を見て勉強したと食い下がり、何とか建物表題登記と所有権保存登記はさせて頂けるようになりました。抵当権設定登記は、ローンの関係上やはり、断られましたが、せめて登録免許税額の減税処置は要求するつもりです。
登録免許税での減税の話はこの本に出会うまで知りませんでした。本当に知らないことは損だと感じました。
----- -----



AZさん素晴らしいですね。

『食い下がり』という箇所、

気合いが入っていると思いませんか。




あなたは、どう思われましたか?


メルマガの感想を書いていただけるとうれしいです。

感想は下記のページからお願いします。

メルマガの感想

 

 

次回もお楽しみに!

 

--------------------------------------------------------------------
編集後記

住宅ローンの金利が上がっています。

消費税が8%になることもあり、着工戸数は増えるでしょう。

急に着工戸数が増えるということは、供給が追いつかず、粗悪な建物が増えます。

阪神淡路大震災の復興の際は、大工の経験がない人もかり出され、粗悪な建物がたくさん建ちました。

アパート・マンション(アパマン)などの収益物件を検討している方も同じです。

それに、賃貸に住む人は、急には増えませんが、相続税対策で、アパマンは急激に増えます。

日本政府の策略に騙されないよう、需要と供給を考えてはどうでしょうか。

--------------------------------------------------------------------

 

 

 

 

--------------------------------------------------------------------
登記を物語で説明した登記のマニュアル
書籍「自分で登記をする会」好評発売中です。

 

登記のことが分りやすく書かれています。

自分で登記をしたいと思ったら、まずはこの本を読んでください。

 

書籍『自分で登記をする会』

書籍『自分で登記をする会』立ち読み用 サンプル

書籍『自分で登記をする会1』 評判

 

アマゾンではなく、自分で登記.comにてご購入いただいた方には、

実名での裏情報をお知らせしています。

自分で登記.comにてお求めくださいませ。


---------------------------------------------------------------------

 

---------------------------------------------------------------------

■登記の教科書 販売中!

登記毎の登記のマニュアルです。

自分のケースに合わせて登記の教科書を選んでください。

建物表題登記の教科書(マニュアル)

建物滅失登記の教科書(マニュアル)

所有権保存の教科書(マニュアル)

 

登記の教科書のモニター募集中

詳しくは商品一覧のページからご覧ください。

登記のマニュアルの商品一覧

---------------------------------------------------------------------

 

 

---------------------------------------------------------------------
2013年7月の登記講習会のお知らせ

確実に自分で登記をすることができる登記講習会です。
講師の指導のもと、3時間の講習会中に申請に必要な書類や図面を作成します。

登記講習会に参加していただいた方は、
Aさん15万円の節約
Bさん13万円の節約
Cさん14.5万円の節約
Dさん10万円の節約

これらの節約ができました。

2013年7月の登記講習会

登記講習会は、事前準備が必要なため申込の締切は開催日の一ヶ月日前になります。

愛知県 名古屋会場 申込締切日6月13日  開催日7月13日(土曜日)
島根県 松江会場  申込締切日6月20日  開催日7月20日(土曜日)
鳥取県 鳥取会場 申込締切日6月21日  開催日7月21日(日曜日)

---------------------------------------------------------------------

 

 

自分で登記をする会のメルマガ バックナンバー

 

自分で登記をする会 無料メルマガ
メールアドレス

 

PageTop

固定資産税を節約しよう!
固定資産税を節約しよう!
どのくらい登記は難しいの?
メルマガ ベスト
登記見積
自分で登記をする会 出版

登記MENU

自分で登記.com

□商品一覧

・登記の教科書

・講習会

□よくある質問

□お客様の感想

□運営者情報

□特定商取引法

□登記あいうえお

・基礎知識

・用語集

・都市伝説

□資料

□不動産あいうえお

・不動産の基礎知識

□メルマガ

□社会貢献

□サイトマップ


商品販売エリア 日本国内

北海道(札幌,函館,旭川),青森(弘前),秋田県(秋田市),岩手(盛岡),山形,宮城(仙台),福島,新潟,群馬(前橋),栃木(宇都宮),茨城(水戸),千葉県(千葉),埼玉(さいたま市),東京都, 神奈川(横浜) 静岡,山梨(甲府),長野(松本),富山, 石川(金沢),福井, 滋賀(大津), 岐阜(岐阜市),愛知(名古屋,岡崎,豊田市,豊橋,犬山),三重(津),奈良(大和郡山),和歌山,大阪府(大阪),京都府,兵庫(神戸),岡山,鳥取,島根(松江),広島(広島市),山口,香川(高松),徳島,愛媛(松山),高知,福岡(博多,北九州),佐賀,長崎県(佐世保),大分,宮崎,熊本,鹿児島,沖縄(那覇)