東京建物の登記費用は高い


東京建物の登記費用は高い


菜の花が満開になり、そろそろ桜が咲きそうな感じですね。

分譲(建売)会社は、在庫を処分する為に、1000万円くらいの値引きを行っています。

これだけ値引きすると利益はほとんどでないと思います。

 

では、登記費用はどうでしょうか?

不景気になって下がっているのでしょうか?

 

 

今回は、登記の費用についてお話をしようと思います。

東京の知り合いが、一戸建ての分譲を購入することになったのですが、

登記費用が高いのです。

 

このケースは、一戸建ての建売分譲で、借り入れをしないケースです。

借金がないので抵当権設定登記はありません。

登記費用を検証します。

 

所有権保存
報酬額 15,000
登記免許税 9,500

所有権移転
報酬額 34,000
登記免許税 210,000

申請並びに受領
報酬額 30,000

住宅用家屋証明書
報酬額 3,000
登記免許税 1,300

表示登記 105,000

全部事項証明書および印紙 
報酬 1,000
登録免許税 2,000

登記簿閲覧 
報酬 500
登録免許税 1,000

合計約41万円

 

これは東京建物の分譲一戸建ての事例です。

登記の費用は、大きく2つに分かれます。

1つは、報酬額という部分が土地家屋調査士や司法書士に払う費用です。

もう1つは、登録免許税と印紙代、住宅家屋証明を取る際に地方自治体に払う費用です。

自分で登記をすれば、土地家屋調査士や司法書士に払う費用が「0円」となります。

このケースでは、

なんと188,500円が減ります。

国に支払う登録免許税や登記印紙代の223,800円だけとなります。

約19万円減らせるのですが、東京建物は、自分で登記をさせないと主張しています。

更に、東京建物の指定の土地家屋調査士や司法書士でないとできないと契約書に明記し、登記費用を安くできな

いようにしています。

明らかに違法行為です。

 

登記は本人申請(自分で登記をすること)が原則となっています。

泣き寝入りをせずに、公正取引委員会に通報すべきでしょう。

 

 

また、自分で登記をする会の保有する登記費用のデータから見ても、この東京建物の登記費用は相場よりも6万円

ていど高いです。

 

最近、登記費用についての相談が増えています。

登記費用の見積書のデータをメールで送っていただければ、適正であるかを検証します。

もちろん費用は一切かかりません。

無料です。

自分で登記ができれば一番良いのですが、カモにならないように適正価格を見極めることも自分の身を守る一つの

方法だと思います。

 

自分で登記をする会 無料メルマガ
メールアドレス

 

PageTop

固定資産税を節約しよう!
固定資産税を節約しよう!
どのくらい登記は難しいの?
メルマガ ベスト
登記見積
自分で登記をする会 出版

登記MENU

自分で登記.com

□商品一覧

・登記の教科書

・講習会

□よくある質問

□お客様の感想

□運営者情報

□特定商取引法

□登記あいうえお

・基礎知識

・用語集

・都市伝説

□資料

□不動産あいうえお

・不動産の基礎知識

□メルマガ

□社会貢献

□サイトマップ


商品販売エリア 日本国内

北海道(札幌,函館,旭川),青森(弘前),秋田県(秋田市),岩手(盛岡),山形,宮城(仙台),福島,新潟,群馬(前橋),栃木(宇都宮),茨城(水戸),千葉県(千葉),埼玉(さいたま市),東京都, 神奈川(横浜) 静岡,山梨(甲府),長野(松本),富山, 石川(金沢),福井, 滋賀(大津), 岐阜(岐阜市),愛知(名古屋,岡崎,豊田市,豊橋,犬山),三重(津),奈良(大和郡山),和歌山,大阪府(大阪),京都府,兵庫(神戸),岡山,鳥取,島根(松江),広島(広島市),山口,香川(高松),徳島,愛媛(松山),高知,福岡(博多,北九州),佐賀,長崎県(佐世保),大分,宮崎,熊本,鹿児島,沖縄(那覇)