登録免許税


登録免許税について

今回は、多くの方が気づかずに

登記のために、多額のお金を払っている現状を少し説明します。

 

ハウスメーカーや分譲会社で、建築条件付きの土地の分譲をやっています。

元から土地があって、家を建てるケースと比べると

 

えーーーー!って

思うほど

登記にかかる費用が異なること知ってますか?

 

登記費用は、

司法書士や土地家屋調査士に報酬と言って手続きの代行による費用と

国に払う登録免許税という税金

この2つが主なものになります。

 

司法書士や土地家屋調査士へ払う報酬は、登記の数が増えれば

 

払う額は大きくなります。

更に、登録免許税という税金も増えます。

 

 

司法書士や土地家屋調査士への報酬は、自分で登記をすればお金はかかりませんね。

登録免許税については、実は、安くする方法があります。

 

それは、

 

自分で住むための家を建てる際の登記について適用されるのですが、

 

日本国は、マイホームを持つ人が増えるように、

 

マイホームが持ちやすくなるように

税金を安くできるよう制度を設けています。

 

この制度は、

 

「住宅用家屋証明」という書類を自治体で取得すれば誰でも簡単に用いることができます。

 

銀行から融資を受ける場合は、

税金がなんと!

 

4分の1 になります。

 

この「住宅用家屋証明」がないと4倍もの税金を払うことになります。

 

建築条件付きの土地分譲の場合は、ハウスメーカーや分譲会社によっては

さも、当たり前に

この4倍の税金を払わされます。

 

知らないって怖いことです。

 

このことに気づいているのは、司法書士や土地家屋調査士以外は知らないのが現状です。

 

知ることで、対策は講じることが可能です。

 

自分で登記をする会 無料メルマガ
メールアドレス

 

PageTop

固定資産税を節約しよう!
固定資産税を節約しよう!
どのくらい登記は難しいの?
メルマガ ベスト
登記見積
自分で登記をする会 出版

登記MENU

自分で登記.com

□商品一覧

・登記の教科書

・講習会

□よくある質問

□お客様の感想

□運営者情報

□特定商取引法

□登記あいうえお

・基礎知識

・用語集

・都市伝説

□資料

□不動産あいうえお

・不動産の基礎知識

□メルマガ

□社会貢献

□サイトマップ


商品販売エリア 日本国内

北海道(札幌,函館,旭川),青森(弘前),秋田県(秋田市),岩手(盛岡),山形,宮城(仙台),福島,新潟,群馬(前橋),栃木(宇都宮),茨城(水戸),千葉県(千葉),埼玉(さいたま市),東京都, 神奈川(横浜) 静岡,山梨(甲府),長野(松本),富山, 石川(金沢),福井, 滋賀(大津), 岐阜(岐阜市),愛知(名古屋,岡崎,豊田市,豊橋,犬山),三重(津),奈良(大和郡山),和歌山,大阪府(大阪),京都府,兵庫(神戸),岡山,鳥取,島根(松江),広島(広島市),山口,香川(高松),徳島,愛媛(松山),高知,福岡(博多,北九州),佐賀,長崎県(佐世保),大分,宮崎,熊本,鹿児島,沖縄(那覇)