未登記建物 登記がされていない建物を相続


登記がされていない建物(未登記建物)を相続したらどうすればよいですか?

親が亡くなり、相続登記を自分で行うことになりました。

  • 2つの建物について相続登記を行うために登記記録(登記事項証明書など) を取得しよう

    としたら、建物Aは登記記録がなく、登記が一切されていない未登記の建物であることが

    わかりました。建物Bは、登記記録は取得できましたが、増築の登記がされていないよう

    です。この2つの建物はどのような手続きを行えばよろしいでしょうか?

  • 未登記建物の相続時の対処方法

    • 質問者のように相続する際に、
    • ・建物A 登記が一切されていない
    • ・建物B 登記はされているが、増築や改築などで現状と建物の登記記録の内容が異なる
    • このようなケースは多いです。
    • これらの建物についての対処方法は次のケースによって異なります。
    • 1:建物は近いうちに取り壊す
    • 2:建物を売却し購入者が使用する
    • 3:建物は相続人などで使用する

    1:建物は近いうちに取り壊す

    • 近いうちに建物を取り壊す場合は、
    • ◆建物Aについて
    • 登記が一切されていない建物なので、建物を取り壊しても「建物滅失登記」は不要です。
         ただし、取り壊したら建物Aの所在地の市町村へ建物を壊したことを届出ます。
         一般的には市町村がこの建物を評価し課税しているので、
         建物を取り壊したことにより課税されないように市町村へ連絡する必要があります。
    • ◆建物Bについて    
    • 建物の「相続登記」は、行う、行わない どちらでもよいです。
    • (相続登記は登録免許税がかかります。)
    • 建物の登記記録を現状に合わせるための「建物表題変更登記」も、行う、行わない どちらでもよいです。
    • 2つ共、どちらでもよいのですが、
    • 一般的には「相続登記」・「建物表題変更登記」どちらもせずに、
    • 建物を取り壊したら「建物滅失登記」を行います。

    2:建物を売却し購入者が使用する

    • 建物を売却し購入者が使用する場合は、
    • ◆建物Aについて
    • 登記が一切されていない未登記の建物を売却する場合は、一般的には相続人が「建物表題登記」と
    • 「所有権保存登記」を行い、建物の現状と登記記録の内容を一致させる必要があります。
    • 理由として、建物を売買する場合、登記がされていないと購入者が困るケースがあるからです。
    • 例えば、
    • ・建物の所有者ではない人から購入した場合、真の所有者にまた支払う必要が生じます。
    • ・建物が増築や改築がされていて、建物の所有者は正しかったが、増築や改築を別の人が出資していた
    •  場合、この人への支払いが発生する可能性があります。
    • 登記がされていないことで、後々、トラブルが発生しないように、建物の現状にあうよう登記を行った方
    • がよいでしょう。
    • 買主がこのような建物を購入する場合は、売主に登記を全て行うように要求することが必要です。
    • ◆建物Bについて
    • 建物Aと考え方は同じです。
    • 一般的には、建物の現状と登記記録を一致させる必要があります。
    • 現状に合わせるための「相続登記」と「建物表題変更登記」を行うことになります。
    • 2つの登記は、どちらを先に行うかは自由です。

    3:建物は相続人などで使用する

    • 建物は相続人などで使用する場合は、
    • ◆建物Aについて
    • 次の2つの選択肢があります。どちらでも構いません。
    • ①未登記のままにしておく
    • ②「建物表題登記」・「所有権保存登記」を行い「相続登記」を行う
    • 但し、①の場合は、誰が相続したかが書面で明確な状態にしておく必要があります。
    • もし、建物や建物が建っている土地を担保にして融資を受ける場合や、売却する場合、登記を行う必要が
    • 生じます。その際に、誰が相続したかが書面で明確でない場合、兄弟や甥や姪などと建物の所有権を巡っ
    • て相続争いになる可能性があります。
    • ◆建物Bについて
    • 次の4つの選択肢がありますが、④を選択するケースはまずないです。
    • 一般的には①か②か③を選択します。
    • ①そのままにしておく
    • ②「相続登記」だけを行う
    • ③建物の登記記録を現状に合わせるための「建物表題変更登記」と「相続登記」を行う
    • ④建物の登記記録を現状に合わせるための「建物表題変更登記」を行う

    どの選択肢を選べばよいのか


    • これまでのケースを読んでいただけると理解されたと思いますが、
    • 登記を行う行なわないかは自由です。
    • 但し、売却したり、担保にして融資を受ける場合は登記を行う必要が生じます。
    • また、相続人が誰であるか証明できる書面が紛失したりして、相続トラブルに発展する可能性は少なから
    • ずあります。登記を行うことで相続トラブルを防止するという意味合いもあるでしょう。
    • メリット、デメリットを検討し、登記を行うか、行わないかを判断されるとよいでしょう。

     

    自分で登記をする会

    自分で登記をすることについてよくある質問集


    Q 登記は自分で行うのが原則

    Q 自分で登記をして、もし出来なかったら

    Q 登記費用について教えてください

    Q 登記費用の見積書の読み方、高いか安いかの判断の方法を教えてください

    Q 登録免許税はどうやって計算すればよいのですか? 登録免許税の自動計算

    Q 不動産登記費用の相場をおしえてください。

    Q 登記をするのに何か道具は必要ですか?

    Q 専門家がやる場合と自分でやる場合、登記の結果は違うの?

    Q 土地の分筆登記の手順と準備について教えてください。

    Q 土地の分筆登記を自分でしようと考えています。分筆は素人には無理でしょうか?

    Q 土地の合筆登記を、自分ですることは可能ですか?

    Q 土地地目変更登記を自分でやろうと思っていますが可能でしょうか?

    Q 不動産登記を自分ですることは可能ですか?

    Q 新築登記を自分で、と思っていますができるでしょうか?

    Q 自分で登記をするのにどのぐらい時間が必要ですか?

    Q 土地の地積更正登記は自分で行うことは可能ですか?

    Q 新築の分譲マンションを購入します。登記を自分でやろうと思っていますができるでしょうか?

    Q 登記の過料について 登記は一か月以内にしないと罰があるのか?!

    Q 土地購入時に登記を依頼した場合でも、建物完成時に自分で登記ができるのでしょうか?

    Q 建築士、設計士、住宅メーカー、ハウスメーカーに図面を作成してもらうのは違法?!

    Q ハウスメーカー・住宅メーカーが自分で登記を拒否した場合どうすればよいのでしょうか?

    Q 土地を購入、自分で売買による所有権移転登記を行うことはできるでしょうか?

    Q 住宅ローンを使う場合、自分で所有権保存登記はできますか?

    Q 登記がされていない建物(未登記建物)を相続したらどうすればよいですか?

    Q つなぎ融資は必要なの!? つなぎ融資は不要なの?!



    自分で登記をする会 無料メルマガ
    メールアドレス

     

    PageTop

    登記で損をしたくない人へ
    固定資産税を節約しよう!
    どのくらい登記は難しいの?
    メルマガ ベスト
    登記見積
    自分で登記をする会 出版

    登記MENU

    自分で登記.com

    □商品一覧

    ・登記の教科書

    ・講習会

    □よくある質問

    □お客様の感想

    □運営者情報

    □特定商取引法

    □登記あいうえお

    ・基礎知識

    ・用語集

    ・都市伝説

    □資料

    □不動産あいうえお

    ・不動産の基礎知識

    □メルマガ

    □社会貢献

    □サイトマップ


    商品販売エリア 日本国内

    北海道(札幌,函館,旭川),青森(弘前),秋田県(秋田市),岩手(盛岡),山形,宮城(仙台),福島,新潟,群馬(前橋),栃木(宇都宮),茨城(水戸),千葉県(千葉),埼玉(さいたま市),東京都, 神奈川(横浜) 静岡,山梨(甲府),長野(松本),富山, 石川(金沢),福井, 滋賀(大津), 岐阜(岐阜市),愛知(名古屋,岡崎,豊田市,豊橋,犬山),三重(津),奈良(大和郡山),和歌山,大阪府(大阪),京都府,兵庫(神戸),岡山,鳥取,島根(松江),広島(広島市),山口,香川(高松),徳島,愛媛(松山),高知,福岡(博多,北九州),佐賀,長崎県(佐世保),大分,宮崎,熊本,鹿児島,沖縄(那覇)