自分で登記.com

自分で登記をするノウハウがギュッ!と凝縮 | あなたに役立つ情報を発信中

不動産(土地・建物)の売買時に指定の司法書士を使わないといけないの?

不動産売買時に指定(提携)の司法書士を使わないといけないのでしょうか?

住宅を新築するために、現金で土地を購入します。
購入する際に必要な『所有権移転登記』を自分でしようとしているのですが、不動産の仲介業者が、「指定の司法書士を使う」と言っています。
仲介業者の指定の司法書士を使わないといけないのでしょうか?
その司法書士の登記費用が相場よりもかなり高く、困っています。

不動産仲介業者の指定(提携)の司法書士を使う必要はありません。

登記費用も高く、損をします。

司法書士は、買主が用意するのが業界では一般的

まず、知識として知っておいてください。

不動産取引を過去に行ったことがある人や、
頻繁に不動産の売買を行う人や会社などは、
不動産の売買時に、買主が司法書士を用意するのが一般的です。
仲介業者の指定(提携)の司法書士を使うことはありません。
これは不動産業界では極一般的なことです。

ただし、一般の方は司法書士を用意しないので、
仲介業者の指定の司法書士を使うことが多いです。
この事は、仲介業者も知っています。
一般の方は、知識がないので、仲介業者の言いなりになってしまい損をするのです。

買主が用意した司法書士を使う理由

不動産売買でリスクを負うのは、不動産を購入し、お金を支払う買主です。

「お金を払って不動産を購入したが、他の人に先に登記をされ、第三者に渡ってしまった。」
このような話は、通常ありえないですが、
仲介業者の指定(提携)司法書士に依頼して、
ミスがあれば、買主がリスクを負うことになります。

不測の事態に備えて、保険に入っている司法書士がほとんどだと思いますが、
会ったこともない司法書士を使うのは、何があるかわかりません。
それに、仲介業者の指定(提携)の司法書士は仲介業者と懇意にしているため、
グルになっており登記の費用(報酬)が高いのが一般的です。
登記費用が、相場の倍くらい請求されることも珍しくありません。

※裏事情は、『自分で登記をする会1』の裏情報を読んでください。

もしも、自分で登記をしないで司法書士に依頼する場合は、
買主が司法書士を用意するのがよいでしょう。
買主が選んだ司法書士は、買主のために働いてくれるはずです。
仲介業者が懇意にしている司法書士は、仲介業者の言いなりです。
仲介業者が、何か変なことをしていても指摘してくれませんが、
買主が選んだ司法書士は何か気づけば指摘してくれるでしょう。

仲介業者が強要してくる場合は

仲介業者は、指定(提携)の司法書士を使うことが、
慣れていることもあり楽で、
バックマージンなども得ることができるため、
指定(提携)の司法書士を使うことにこだわる場合があります。

このような場合は、仲介業者を変えるのも一つの方法です。
よほど人気のある不動産でない限りは、別の仲介業者に依頼すれば売買が可能です。
売主側と話をつけてくれるでしょう。
売主と買主の仲介業者が同じ場合でも、別の仲介業者に依頼し話をつけてもらいましょう。

または、仲介業者を抜きにして、売主と直接売買を行うことも可能です。
不動産仲介業者は、仲介手数料を欲しいので、登記のことでもめて、
仲介手数料を失うことは避けるはずです。
何事も交渉次第です。
これらのことを考慮して、不動産仲介業者と交渉してください。

自分で登記をすることについてよくある質問集

Q 登記は自分で行うのが原則

Q 自分で登記をして、もし出来なかったら

Q 登記費用について教えてください

Q 登記費用の見積書の読み方、高いか安いかの判断方法を教えてください。

Q 登録免許税はどうやって計算すればよいのですか? 登録免許税の自動計算

Q 不動産登記費用の相場をおしえてください。

Q 不動産登記を自分で行う場合、何か道具は必要ですか?

Q 専門家が行う場合と自分で行う場合では登記の結果が違うの?

Q 土地の分筆登記の手順と準備について教えてください。

Q 土地の分筆登記を自分でしようと考えています。分筆は素人には無理でしょうか?

Q 土地の合筆登記を、自分ですることは可能ですか?

Q 土地の地目変更登記は自分でできますか?

Q 不動産登記を自分ですることは可能ですか?

Q 新築登記を自分で、と思っていますができるでしょうか?

Q 自分で登記をするのにどのくらい時間が必要ですか?

Q 土地の地積更正登記を自分で行うことは可能ですか?

Q 新築分譲マンションを購入 自分で登記はできますか?

Q 登記の過料について 登記は一か月以内にしないと罰があるのか?!

Q 土地購入時に登記を依頼した場合でも、建物完成時に自分で登記ができるのでしょうか?

Q 建築士、設計士、住宅メーカー、ハウスメーカーに図面を作成してもらうのは違法?!

Q ハウスメーカー・住宅メーカーが自分で登記を拒否し必要な書類を渡してくれない場合は?

Q 土地を購入、自分で売買による所有権移転登記を行うことはできるでしょうか?

Q 住宅ローンを使う場合、自分で所有権保存登記はできますか?

Q 登記がされていない建物(未登記建物)を相続したらどうすればよいですか?

Q つなぎ融資は必要なの!? つなぎ融資は不要なの?!

Q 不動産売買時に指定司法書士を使わないといけないの?

Q 指定、専属の司法書士・土地家屋調査士・事務所があるので、自分で登記はできない?!

Q 不動産(土地、建物)を購入する際に自分で登記できますか?

Q 土地・中古住宅などの不動産を売買(購入)する際は指定事務所、専属の司法書士でないといけない?!

無料メルマガに読者登録
最新情報を確実に受け取れます!
麻美麻美

日本登記研究会は、あなたへ真実を伝えることを使命と考えています。
でも、ホームページに裏情報や実名などの情報を掲載すると日本登記研究会は営業妨害や名誉毀損などで損害賠償請求をされる可能性があるの。ホームページに掲載された情報は誰もが、いつでも読め、公開されているから。

芳樹芳樹

そこで、ホームページに掲載しにくい情報は、日本登記研究会が発行する『メルマガ(メールマガジン)』にて個別に情報を届けています。
このメルマガの読者は3万人を超え、登記に関するメルマガでは日本一です。

香苗香苗

なお、これまでに無料小冊子を受け取った場合は、既に読者登録されいますので、新たに登録する必要はありません。

麻美麻美

無料の『メルマガ(メールマガジン)』を読まれますか?
下記の□の箇所に『あなたのメールアドレス』を入力し登録ボタンをクリックしてください。
これだけで登録完了です。登録完了後10分以内に、あなたへ『メルマガ(メールマガジン)』を送信します。

芳樹芳樹

『メルマガ(メールマガジン)』は不要になったら、簡単に登録を解除できます。
あなたにとって損なことは何もありませんよね。
今すぐ、真実の情報を受け取ってください。

裏情報・最新情報を無料で入手しましょう

メールアドレスを入力

メールアドレスを入力後、登録ボタンをクリック、次に送信ボタンをクリックで登録完了です。
解除される時は、解除ボタンを2回クリックするだけで簡単に解除できます。