書籍『自分で登記をする会』 新発売


書籍『自分で登記をする会』 新発売


自分で登記をする会の本が2011年7月に完成し、ついに販売開始です。


320ページとかなりのボリュームで、読み応えがある本となりました。

ページ数は多いですが、ライトノベルになっていますので、あっという間に読める本です。




本のタイトルは、「自分で登記をする会」


副題は、

「司法書士や土地家屋調査士に依頼せずに二十歳の女子大生が自分で登記をしたら」

です。



全てが実話に基づいて書かれた作品です。




本について、少し紹介させてください。



登記と一口で言っても、何十種類以上もの登記があります。


大きくは、


不動産登記

商業登記

この2つに分かれます。



不動産登記は、不動産(土地と家屋)に関する登記です。


商業登記は、株式会社や合名会社、合同会社など会社に関する登記です。




本は、この2つの登記のうち、不動産登記について書かれています。



不動産登記と言っても、多くの種類があります。



・一戸建てを新築した際に必要な登記

・分譲マンションを購入した際に必要な登記

・建物を増築をした際に必要な登記

・建物を解体した際に必要な登記

・建物が倒壊・流失した際に必要な登記

・住宅ローンでお金を借りた際に必要な登記

・住宅ローンを返済した際に必要な登記

・農地から宅地など地目を変更した際に必要な登記

・土地の面積を更生する際に必要な登記

・土地を分割する際に必要な登記

・複数を土地を1つに合筆する際に必要な登記

・引越しなどで住所地を変更した際に必要な登記

など


まだまだ多くの登記があります。






この本では、


・建物を壊した時の登記について(建物滅失登記)

・ハウスメーカーへの選び方と建築費用の支払について

・一戸建てのマイホームを新築した時の登記について(建物表題登記・所有権保存登記)

・一戸建てのマイホームの住宅ローンの登記について(抵当権設定登記)

・相続時の登記について(所有権移転登記)



主に、一戸建ての新築時にスポットをあてました。



こういった時には、この登記をしなければならない

この登記の次に、この登記をしなければならない

どのように書類や図面を作成し登記をするのか

どうやったら、節税ができるのか


これらのことが、ストーリー仕立てになっています。

読んでいただければ、自分で登記をすることについて理解できるようになっています。




また、自分で登記をすることになると今まで隠れていて見えなかったことも見えるようになり 
ます。


住宅業界は、一般消費者からお金を取ろう取ろうとしています。

更に、海千山千のやり手が多く存在します。

一般消費者がいいようにお金を払わされたり、損をしていることに気づいていません。

どの商売でも、このようなことは存在していますが、知らないと防ぎようがありません。。

しかし、防ぐ方法はあるのです。




ハウスメーカーのいいなりになっていると、どれだけ損をするのか

損をしない、ハウスメーカーや工務店へのお金の支払い方法知ってますか?



利息が付く日が金融機関によって異なることを知ってますか?

年利2%で3000万円を借りた場合、年間で60万円の利息がつきます。
1ヵ月では、5万円もの利息がつく計算になります。

完成する前から利息が付いたら、どうでしょうか?


完成していないのに、

毎月、

毎月、

利息を払うことになります。


これが普通ではありません。

知らないから、騙されるのです。





また、不動産の仲介業者のいいなりになっていると、どれだけ騙されるのか

知識がないと業者にいいくるめられます。


不動産売買の仲介手数料は、宅建業法という法律で上限が定められています。

400万円を超える不動産の場合、仲介手数料は、上限が不動産の価格の3%+6万円で 
す。
ポイントは「上限」です。

上限なので、これよりも低くてもいいのです。

私は過去に上限の4分の1の手数料で仲介していただき土地を購入しました。


正確な金額をここで書くことはできませんが、

手数料の上限が、仮に100万円の場合、25万円で済みました。

その差額は、75万円です。

75万円払わなくてもよかったら、どうでしょうか?




不動産は、人生において最も高価な資産です。

その高価な資産であるにも関わらず、知識がなく、業者に言いなりになっている方がほとん 
どです。




不動産を購入する際、登記をします。

家を新築する際、登記をします。

住宅ローンでお金を借りる際、登記をします。

マイホームを新たに取得する場合、最初から最後まで関係します。



この本を読んでいただければ、登記を通じて、気づくことがいっぱいあります。

無料で立ち読みもできますので、試しに読んで下さいね。





「自分で登記をする会」

「司法書士や土地家屋調査士に依頼せずに二十歳の女子大生が自分で登記をしたら」


税込1,890円

好評発売中です。

 

自分で登記をする会 無料メルマガ
メールアドレス

 

PageTop

固定資産税を節約しよう!
固定資産税を節約しよう!
どのくらい登記は難しいの?
メルマガ ベスト
登記見積
自分で登記をする会 出版

登記MENU

自分で登記.com

□商品一覧

・登記の教科書

・講習会

□よくある質問

□お客様の感想

□運営者情報

□特定商取引法

□登記あいうえお

・基礎知識

・用語集

・都市伝説

□資料

□不動産あいうえお

・不動産の基礎知識

□メルマガ

□社会貢献

□サイトマップ


商品販売エリア 日本国内

北海道(札幌,函館,旭川),青森(弘前),秋田県(秋田市),岩手(盛岡),山形,宮城(仙台),福島,新潟,群馬(前橋),栃木(宇都宮),茨城(水戸),千葉県(千葉),埼玉(さいたま市),東京都, 神奈川(横浜) 静岡,山梨(甲府),長野(松本),富山, 石川(金沢),福井, 滋賀(大津), 岐阜(岐阜市),愛知(名古屋,岡崎,豊田市,豊橋,犬山),三重(津),奈良(大和郡山),和歌山,大阪府(大阪),京都府,兵庫(神戸),岡山,鳥取,島根(松江),広島(広島市),山口,香川(高松),徳島,愛媛(松山),高知,福岡(博多,北九州),佐賀,長崎県(佐世保),大分,宮崎,熊本,鹿児島,沖縄(那覇)