表題登記とは

先日色々調べていたら、

「表題登記をやってもし間違えたら、裁判に発展することがある!自分で登記をやったら違法?」

というような記事を目にしたので、少し気づいたことを。

 

要するに、「表題登記(の図面)を自分でやるリスク」についてですね。

 

以前お客様から相談を受けた話。

 

建物について表題登記を自分でやりたいというものでした。

 

ついでに以前建っていたはずの滅失登記も自分でしたい。

 

という内容だったと思います。

 

その際に、色々な書類を見せていただきました。

 

そうすると、、、?

 

滅失したはずの建物の場所が公図と全然合わないのです。

 

全然違う場所に建物の登記がされていたようです。

 

滅失した建物は、30年以上前に調査士に表題登記をしてもらったとのこと。

そのまま保存登記、抵当権設定登記がされていたわけです。

 

そのお客様は街がって登記がされていたことを知り、愕然としていました。

 

このような場合、同じ人の訂正の登記をお願いするでしょうか?

 

もう生きていないかも知れません。

 

今はもうやっていないことも十分あります。30年以上前ですから。

(※実際は、今もやっている先生だということが分かった)

 

その先生に訂正の登記をお願いしたいとは思わないと思います。

きっと憶えていないでしょうね。

 

もし専門家に依頼して間違った場合でも、それが間もないならいいものの、

裁判になったときのことを考えると、自分で登記をしたから・・・てことに

ついてはあんまり保証にはならないんじゃないかな~と思う。

 

あと、自分の家を自分で登記するなら専門家以上に注意してやるんじゃないかなーと思います。

ただ、慣れてる人は別ですよ。

慣れていないなら、色々苦労してやるはずだし法務局の現地調査も入るわけですから。

 

 

調査士が代理人として登記をする場合には、現地調査は省略される場合も多いとのことです。

専門家がやるから大丈夫でしょ、という理屈なのでしょうね。

 

« »