自分で登記.com 登記の教科書 購入 タイミング


 

登記の教科書についてよくある質問

登記の教科書を購入するタイミングについて

登記の種類によって異なりますので、登記毎に以下説明します。

  • 登記の教科書シリーズは、登記をはじめてする人が自分で容易に登記ができるように開発されたマニュアルです。
  • はじめて行う際は、余裕があった方が安心して登記ができます。
  • そのため、できる限り余裕を持って登記の手続ができるよう、登記の種類毎にタイミングを説明します。

  • ◆建物滅失登記の教科書の購入のタイミング:
  • 新築時に壊す場合や、土地を売却する際に壊し滅失したら直ちに建物滅失登記を行います。
  • 建物解体の1ヵ月前くらいに購入することで、かなり余裕を持って建物滅失登記ができます。

  • 自然災害(地震、津波、液状化、地滑りなど)で滅失した場合、急ぐ必要はありませんが、できるだけ早く行います。
  • 建物滅失登記をしようと決めたら、購入されるといいです。

  • ◆建物表題登記の教科書の購入のタイミング:
  • 新築時に行う登記ですが、設計前がベスト、最低でも完成する1ヵ月以上前に購入することをお勧めします。
  • 理由として
  • 登記の床面積を合法的に減らすことで固定資産税の節税が可能なため、設計前でなければできません。
  • ハウスメーカー、工務店などと契約前に自分で登記をすることを伝えないと登記ができなくなる可能性があります。
  • 金融機関に対しても事前に伝えるのが自分で登記をするには有利です。
  • 詳しくは、書籍「自分で登記をする会」を読んでいただければ容易に理解することが可能です。

  • ◆所有権保存登記の教科書の購入のタイミング:
  • 建物表題登記完了後、直ちに行うのが所有権保存登記です。
  • 建物表題登記が終ってから準備をしていると余分に時間がかかります。
  • 住宅ローンなどの融資を受けなければ急ぐ必要はありませんが、融資を受ける場合は、建物が完成する1ヵ月前には
  • 準備をすると安心です。
  • そのため、建物が完成する1ヵ月前までには購入することをお勧めします。

  • 登記は何をどのタイミングで行うのか、わかりにくいのも事実です。
  • そのため、書籍「自分で登記をする会」を作成しました。
  • 書籍「自分で登記をする会」には、事例は少ないですが、一連の流れと手続の方法が全て書かれています。
  • 登記の教科書にはないノウハウも書かれています。
  • まずは、書籍「自分で登記をする会」を読まれることをお勧めします。

 

登記の教科書についてよくある質問


Q 登記の教科書を購入すれば、本当に自分で登記ができますか?

Q 登記の教科書の代金以外に、必要な費用はありますか?

Q 商品の返品・交換はしてもらえるのですか?

Q 商品について分からない事があればどうすればいいですか?

Q 決済方法には何がありますか?

Q サポート体制はどのようになっていますか?

Q サポート期間について

Q PDFなどのデータ販売について

Q 登記の教科書を購入するタイミングについて

 

自分で登記をする会 無料メルマガ
メールアドレス

 

PageTop

固定資産税を節約しよう!
固定資産税を節約しよう!
どのくらい登記は難しいの?
メルマガ ベスト
登記見積
自分で登記をする会 出版

登記MENU

自分で登記.com

□商品一覧

・登記の教科書

・講習会

□よくある質問

□お客様の感想

□運営者情報

□特定商取引法

□登記あいうえお

・基礎知識

・用語集

・都市伝説

□資料

□不動産あいうえお

・不動産の基礎知識

□メルマガ

□社会貢献

□サイトマップ


商品販売エリア 日本国内

北海道(札幌,函館,旭川),青森(弘前),秋田県(秋田市),岩手(盛岡),山形,宮城(仙台),福島,新潟,群馬(前橋),栃木(宇都宮),茨城(水戸),千葉県(千葉),埼玉(さいたま市),東京都, 神奈川(横浜) 静岡,山梨(甲府),長野(松本),富山, 石川(金沢),福井, 滋賀(大津), 岐阜(岐阜市),愛知(名古屋,岡崎,豊田市,豊橋,犬山),三重(津),奈良(大和郡山),和歌山,大阪府(大阪),京都府,兵庫(神戸),岡山,鳥取,島根(松江),広島(広島市),山口,香川(高松),徳島,愛媛(松山),高知,福岡(博多,北九州),佐賀,長崎県(佐世保),大分,宮崎,熊本,鹿児島,沖縄(那覇)