相続と不動産の手続きについて

相続と不動産の手続きについてです。

今気づきましたが、「登記」という言葉ははいっていません。

そのため、

どんな手続きがあるのか、というのも幅広いわけです。

例を考えてみます。

Aさんが死にました。=Aについて「相続が開始した」といいます。

そうすると、Aさんの所有するもの、Aさん名義の財産はどうなるのでしょうか?

→何もしなければ、Aさんの相続人に分配されることになります。

その前に、Aさんの財産について、

どんなものが残されているのか考えてみましょう。

・銀行・証券会社の口座

・借金がある場合は、その債務(残額の弁済義務は、相続人に相続されます)

・不動産

・現金

とりあえずここで終了。

« »