登録免許税とは

 

登録免許税について書いてみようと思っています。

登録免許税とは、登記を申請する際に納める税金です。

申請書に収入印紙を貼り付けて納付することが多いですね。

 

登録免許税は、

登録免許税法に基づいて課せられる「国税」です。

 

税金についておさらいしてみましょう。

税金→①国税 ②地方税

①国税とは?

A直接税
B間接税
Cその他

に分かれます。

登録免許税は、「その他」に含まれます。

直接税と間接税とのウエイトは、6対4ほどの割合になっています。

 

その他ってそんなに少ないのかな?

Cその他 の内訳として登録免許税以外には、

有価証券取引税、印紙税、自動車重量税、日本銀行券発行税、関税

などがあるようです。

 

補足として、

Aの直接税・・・収得税と財産税に分かれます(所得税、相続税など)

Bの間接税・・・消費税です(5パーセントの消費税の他、酒税、石油税など)

今回は、税金についておさらいしました。

私も、このために調べて改めて整理できました。

 

« »