不動産登記と申請について

申請について具体的にイメージできるような内容を書きたいと思います。

申請するといっても全然難しくありません。

法務局の雰囲気が、「難しい~」と思わせるような雰囲気を醸し出しているのではないかと思います。

不動産登記に関する法務局の窓口は、大きく2つのわかれます。

①証明書取得の窓口(不動産・商業)

②申請窓口(不動産・商業)

この2つです。

これらの窓口では、不動産登記と商業登記の手続きが共通しているため、

これらの登記を扱っています。

①証明書取得の窓口・・・土地、建物について不動産ごとの証明書

(登記事項証明書など)を発行してもらう窓口です。

※ 会社の場合は、会社についての証明書を発行してもらう窓口です。

②申請窓口・・・土地、建物について変更があったときに登記を申請する

(書類を提出する)窓口です。この横に相談コーナーがあったりして、

自分で登記をする人などは、ここで一度相談を受けるとよいでしょう。

自分で登記をしようとするとき、電話で問い合わせると、相談コーナーの

人に回されます。

相談コーナーの人は、主に法務局OBの人が嘱託?で受けていることが多く、

60前後のおじさんが多いです。

親切な人もいますが、正直サービス精神は全くないため、聞きにくいし

丁寧に教えてくれないことも多いです。相談コーナーの人ではだめだと思ったら、

申請窓口の方で現役の登記官に聞いたほうが確実でしょう。

※ 会社の場合でも、会社についての登記を申請する窓口です。

①②の窓口は、法務局によっては、フロアが分かれていることも多いので、注意しましょう。

« »