登記はなぜするのか?


登記はなぜするのか?


登記はなぜするのか?

分かりますか?

 

家の入口付近には、表札があるのが一般的です。

表札に「鈴木一郎」と書いてあれば、

この家は、鈴木一郎さんのお宅だなって分かりますよね。

 

でも本当に、この家は鈴木一郎さんの持ち家なのでしょうか?

鈴木一郎さんがお金を出して買ったかもしれません。

若しくは、鈴木一郎さんが、他の人から借りている家かもしれません。

もしかしたら、鈴木一郎さんは既に亡くなっていて、息子さんが住んでいるかもしれません。

実は鈴木一郎という表札が前に住んでいた人の物かもしれません。

 

これらのうち、何が正しいと、思いますか?

何が正しいでしょうか?

どのようにすれば分かるのでしょうか?

実は、この家が誰の物であるかを簡単に調べる方法があります。

それが登記なのです。

 

登記は、日本国がやっているサービスのひとつです。

正確に言うと、登記は、日本国の法務省が管理して行っているサービスのひとつなのです。

その法務省の出先機関が法務局といいます。

誰の家であるかは、この登記がされた際に記載される登記簿を見れば容易に分かります。

法務局に行き、登記簿を見ます。

登記簿には、その家の所有者の住所と氏名が書いてあります。

登記簿を見るだけなのです。

その登記簿は登記がされるとできて、登記されるつど、記載されていきます。

 

では、あなたが家を建てたとしますね。

その家は、あなたの家であると他の人に分からせることができますか?

もう、お分かりだと思いますが、答えは、「登記」です。

この建物があなたの家であることを他者に証明するには登記をすれば良いのです。

登記をすれば、「この家は私の家!!」と主張できます。

 

登記は日本国の法務省の法務局が管理しています。

法務局にいる人は公務員です。

その公務員が管理しているのです。

国が管理しているので、安心して登記をして、

この家が私の家!!

と言えるのです。

 

なぜ登記をするかが分かりましたか?

登記をしないと自分の家でも自分の家と証明できません。

次回は、銀行はなぜお金を貸してくれるのでしょうか?

こんなことを考えてみたいと思います。

良いお年を!

 

自分で登記をする会 無料メルマガ
メールアドレス

 

PageTop

固定資産税を節約しよう!
固定資産税を節約しよう!
どのくらい登記は難しいの?
メルマガ ベスト
登記見積
自分で登記をする会 出版

登記MENU

自分で登記.com

□商品一覧

・登記の教科書

・講習会

□よくある質問

□お客様の感想

□運営者情報

□特定商取引法

□登記あいうえお

・基礎知識

・用語集

・都市伝説

□資料

□不動産あいうえお

・不動産の基礎知識

□メルマガ

□社会貢献

□サイトマップ


商品販売エリア 日本国内

北海道(札幌,函館,旭川),青森(弘前),秋田県(秋田市),岩手(盛岡),山形,宮城(仙台),福島,新潟,群馬(前橋),栃木(宇都宮),茨城(水戸),千葉県(千葉),埼玉(さいたま市),東京都, 神奈川(横浜) 静岡,山梨(甲府),長野(松本),富山, 石川(金沢),福井, 滋賀(大津), 岐阜(岐阜市),愛知(名古屋,岡崎,豊田市,豊橋,犬山),三重(津),奈良(大和郡山),和歌山,大阪府(大阪),京都府,兵庫(神戸),岡山,鳥取,島根(松江),広島(広島市),山口,香川(高松),徳島,愛媛(松山),高知,福岡(博多,北九州),佐賀,長崎県(佐世保),大分,宮崎,熊本,鹿児島,沖縄(那覇)