全部事項証明書とは?


全部事項証明書とは?

全部事項証明書とは?

 

所有する土地の登記簿謄本を取りに法務局に行こうと思いますが、登記簿謄本がなくなったようです。

  • 調べてみると、『登記事項証明書』、『全部事項証明書』、『現在事項証明書』、『登記事項要約書』
  • と聞き慣れない書類になりました。
  • とありますが、どれを取ればよいのでしょうか?

『登記事項証明書』は、『全部事項証明書』と『現在事項証明書』の総称です。

  • 『全部事項証明書』は、過去の履歴も含めた内容が記載されています。
  • 昔の登記簿謄本にあたるものはこれです。
  • 『現在事項証明書』は、現在効力のある内容が記載され、過去のことは記載されません。
  • これらは、登記所の認証があり発行日が印刷された『証明書』となる書類となります。
  • 『登記事項要約書』は、略して『要約書』とも言われてます。
  •     ※以下 要約書
  • 『現在事項証明書』と記載内容はほぼ同じですが、
  • 発行日や登記所の認証はなく、
  • 証明書としての効力はありません。

  • 『全部事項証明書』、『現在事項証明書』、『要約書』は、
  • このように、それぞれ異なる書類です。

  • 取得するための費用は、『全部事項証明書』と『現在事項証明書』は共に1通700円です。
  • 『要約書』が1通500円と少し安いです。


  • ■『全部事項証明書』、『現在事項証明書』、『要約書』、どれを取得すべきでしょうか?


  • あなたは、何を目的に、取得するのですか。
  • ・現在の内容を知りたいだけなら『現在事項証明書』か『要約書』、
  • ・現在と過去の所有者や以前の地目など詳しく知りたい場合は、『全部事項証明書』、
  • ・住宅ローンなど融資を受ける際に、銀行などの金融機関に提出する場合は、
  •  証明され、全てが記載されたものが望ましいです。
  •  そのため『全部事項証明書』、

  • わからない場合は、
  • 『全部事項証明書』は、全てが記載され、証明されており、どのような目的にも用いることが可能です。
  • 『全部事項証明書』を取得しておけば、間違いありません。


  • 全部事項証明書のサンプル

    全部事項証明書
  • 全部事項証明書は、現在及び過去の登記がされた情報が記載されています。
  • 全部事項証明書を取得しておけば、間違いないでしょう。
  •  



    現在事項証明書のサンプル

    現在事項証明書
  • 現在事項証明書は、全部事項証明書と異なり現在の効力のある登記記録のみが記載されています。
  • 全部事項証明書が、何枚にもなり、還って分かりづらい場合、
  • 現在事項証明書を取得するケースがありますが、
  • 全部事項証明書と同じ手数料であるので、全部事項証明書を取得するのが一般的です。
  •  

     


    登記事項要約書 サンプル

    登記事項要約書
  • 要約書は、現在事項証明書と記載内容は同じですが、証明書とはなりません。
  • 但し、一番安価であることから、ただ単に所有者を知りたいとか、簡単な調査に用いられることがあります。

PageTop

■登記に関係する用語集

0001.表題登記

0002.登記簿

0003.登記記録

0004.登記事項証明書と要約書の違いは?

0005.登記の種類について

0006.建物表題登記

0007.登記記録

0008.登記事項証明書

0009.全部事項証明書

0010.要約書

0011.登記簿謄本

0012.登記簿

0013.抵当権抹消

0014.不動産登記

0015.本人申請

0016.相続登記とは?自分でできるの?!

0017.土地地目変更登記とは?

固定資産税を節約しよう!
固定資産税を節約しよう!
どのくらい登記は難しいの?
メルマガ ベスト
登記見積
自分で登記をする会 出版

登記MENU

自分で登記.com

□商品一覧

・登記の教科書

・講習会

□よくある質問

□お客様の感想

□運営者情報

□特定商取引法

□登記あいうえお

・基礎知識

・用語集

・都市伝説

□資料

□不動産あいうえお

・不動産の基礎知識

□メルマガ

□社会貢献

□サイトマップ


商品販売エリア 日本国内

北海道(札幌,函館,旭川),青森(弘前),秋田県(秋田市),岩手(盛岡),山形,宮城(仙台),福島,新潟,群馬(前橋),栃木(宇都宮),茨城(水戸),千葉県(千葉),埼玉(さいたま市),東京都, 神奈川(横浜) 静岡,山梨(甲府),長野(松本),富山, 石川(金沢),福井, 滋賀(大津), 岐阜(岐阜市),愛知(名古屋),三重(津),奈良(大和郡山),和歌山,大阪府(大阪),京都府,兵庫(神戸),岡山,鳥取,島根(松江),広島(広島市),山口,香川(高松),徳島,愛媛(松山),高知,福岡(博多,北九州),佐賀,長崎県(佐世保),大分,宮崎,熊本,鹿児島,沖縄(那覇)